男性のグランドスタッフ

男性でも活躍できる仕事

皆さんは、空港で働いているスタッフのほとんどは女性と思っていませんか?

素敵な制服を着て、キレイなメイクやヘアスタイルで、お客さまと笑顔で接する女性スタッフの姿を想像する人も少なくないのではないでしょうか。

実際、男性のグランドスタッフは女性と比べると多くありません。「グランドスタッフ全体の1割程度」という風にもいわれています。

しかしながら、この仕事は絶対に女性でなければできない仕事ではありませんし、エアラインや空港によっては男性の活躍が目立つところもあります。

グランドスタッフは、お客さまの重い荷物を運んだり、お客さまを探すために空港内を走り回ったり、車いすを利用するお客さまの移動をお手伝いすることもあります。

美しいだけではなく、かなり体力を要する仕事であるため、体力自慢の男性が力を発揮できる場面が実はたくさんあるのです。

男性がグランドスタッフになるには

客室乗務員(CA)もそうですが、グランドスタッフにおける男性の数が少ないのは、昔から「女性の仕事」というイメージが根付いており、男性の応募者数自体が女性に比べて圧倒的に少ないからだといわれています。

しかし「空港が好き、接客が好き」といった理由で、男性でもこの仕事に興味を持ち、キャリアを積み重ねている人はたくさんいます。

各社の募集要項を見ても、男性だから応募できないといったことはありません。「なりたい」という気持ちがあれば、ぜひ積極的に応募してほしいものです。

とくに地方空港や外資系エアラインでは、男性を積極的に採用する傾向にあるという声も聞かれます。

正社員、契約社員、アルバイトなど雇用形態は会社によってまちまちですが、自分のキャリアプランを見据えつつ、各社のWebサイトの採用ページ、求人情報雑誌などを探していきましょう。

採用のポイントは?

男性グランドスタッフに求められることも、基本的には女性と変わりません。ただし圧倒的に女性が多い職場で働く以上、女性とのコミュニケーションが上手にとれることは必須となります。

また、スポーツ(団体競技)の経験があるなどでチームワークを発揮できる人、体力に自信がある人などもプラスに評価されやすいようです。

いずれにせよ、女性と同様に言葉遣い、身だしなみ、おもてなしの心などはかなり厳しくチェックされます。

グランドスタッフはお年寄りや子どもとも接する仕事であるため、いくら体力がありパワーが自慢といっても、威圧感を与えないように心がけたほうがよいでしょう。

仕事体験談