プロゴルファーの現状と将来性

プロゴルファーの現状

ツアープロの現状

ツアープロと呼ばれるプロゴルファーは、ゴルフの大会に参加して賞金獲得を目指します。

シード権を持っている有力プロゴルファーでなければ、まず予選を戦ってから、本大会を目指すことになります。

ツアープロの場合、賞金を獲得できなければその大会での収入はゼロになります。

しかし大会に参加するための遠征費用は自分持ちですので、赤字になります。

賞金をコンスタントに獲得できるトップレベルのプロでなければ、ツアーの賞金だけで生活していくのは難しいのです。

ゴルフトーナメントの大会が今後大幅に増える可能性は、現時点では低いといえるでしょう。

大会数が変わらないのであれば、新しい選手が加わることでますます競争は激しくなることになります。

厳しい世界ですが、トップクラスの選手になればスポンサー料や広告出演など、賞金以外の収入も入ってくるようになります。

多くの選手が、トップレベルのプロゴルファーになることを目指して、ゴルフレッスンなどで遠征費を稼ぎながら挑戦を続けています。

ティーチングプロの将来性

ゴルフ場やゴルフ練習場で指導をする、ティーチングプロの仕事は今後どうなるのでしょうか。

ゴルフは年をとってからでも楽しめるスポーツですので、競技人口は他のスポーツに比べても非常に多いです。

しかし、今後は競技人口が減少していくといわれています。

これからは教わる側が、誰に教えてもらうかを選ぶ時代がくるでしょう。

無料のレッスン動画なども発達し、高いレッスン料を払わずとも技術を学ぶことが可能になってきています。

こうしたことから、ティーチングプロの世界も競争が激しくなることが予想されます。

ゴルフを教える技術を磨き、よい評判を得ることがカギになるでしょう。

プロゴルファーの今後の動向

ゴルフ人口の減少をどう食い止めていくかは、プロゴルファーにとって大きな課題となります。

現状は野球やサッカーなどと並び称されるほどの人気スポーツですが、新たにゴルフを始める人は少なくなっています。

2016年のリオデジャネイロ五輪で正式種目に復帰し、競技に再び火がつくチャンスを迎えましたが、トッププロが参加を見合わせるなど盛り上がりに欠け、その機を逸した感もあります。

しかし、渋野日向子選手ら有望な若手女子プロゴルファーが多く誕生して、国内ツアーは盛り上がりを見せています。

今後、ゴルフ自体の魅力をいかに届け、若い世代の競技者を増やしていくかは、今後のプロゴルファーの動向に大きく関わってきます。

プロゴルファーの将来性

ゴルフトーナメントの大会が今後大幅に増える可能性は、現時点では低いといえるでしょう。

大会数が変わらないのであれば、ツアープロは新しい選手が加わることでますます競争は激しくなることになります。

ゴルフは年をとってからでも楽しめるスポーツなので、競技人口は他のスポーツに比べても非常に多いですが、今後は競技人口が減少していくといわれています。

そうなれば、ティーチングプロの世界も競争が激しくなることが予想され、ゴルフを教える技術を磨き、よい評判を得ることがカギになるでしょう。