プロゴルファーになるためのスクール・学校と費用

プロゴルファーの学校とは

一般的にプロゴルファーは、高校や大学のゴルフ部で腕を磨き、ツアープロになります。

一方で、プロゴルファーになるための専門学校もあります。

東京ゴルフ専門学校では、2年間でゴルフのエキスパートとなるための授業を受けることが出来ます。

ツアープロはもちろん、ティーチングプロを目指す人も通っています。

2年間の学費は、合計で250万円ほどです。

さらに、教科書代や、課外活動費、合宿費などがかかるため安くはありませんが、ゴルフのエキスパートとして働く決意があるならば入学するのもよいでしょう。

プロゴルファーになるには? 必要な資格は?

プロゴルファーの学校に入るには

東京ゴルフ専門学校に出願できる人は、以下のいずれかに該当する人です。

1.高等学校卒業者
2.通常の過程による12年の学校教育を修了した者
3.高卒認定試験合格者
4.入学する年の4月1日現在で満18歳以上で、蒸気と同等の学力があると学校長が認める者

入学には「AO入学」「推薦・特待生入学」「一般・併願入学」「留学生」と4つの受験方法があります。

募集人員は男女合わせて30名です。

プロゴルファーになるために学ぶことは?

東京ゴルフ専門学校では、水曜日と日曜日以外の5日間で朝9時から夕方4時半まで実技を中心に授業が組まれています。(土曜日は3限目までの午前授業)

練習施設もあるので、授業が終わった後は自主練習を積める環境です。

トレーニングや実戦はもちろん、ゴルフの歴史や、ルール、ゴルフ心理学やスポーツ生理学など多くの項目を効率よく配置されたカリキュラムの中で集中的に学ぶことができます。

またゴルフ指導論や、ジュニア指導実習など、ティーチングに関しても学ぶ機会があり、プロゴルファーとしてはもちろん、将来指導者となった時にも役に立つことも学べます。

さらに、栄養学や、施設管理学、用具論・用具メンテナンス実習といった授業もあり、まさにゴルフにかかわる様々な職業を目指す人のための学校ともいえます。

プロゴルファーの学校の入学から卒業までの流れ

入学後は前後期制で2年間、週5日授業を受けます。

水曜日と日曜日、祝日は休みで、夏・冬・春の休業期間も設けられています。

9月には学園祭も開催されます。

卒業生はツアープロとして活躍する人もいれば、ゴルフスクールのインストラクターやゴルフショップのクラフトマンとしてゴルフにかかわる仕事をしている人がいます。

プロゴルファーの学校の雰囲気・生活

朝から夕方まで授業を受けた後に自主練習をこなし、さらに合宿などもあり厳しい環境ですが、ゴルフのエキスパートを目指す仲間と切磋琢磨できる環境です。

体験入学やオープンキャンパスを随時行っていますし、学園祭では学校が所有するショートコースを一般開放しているので、どういう環境かのぞいてみるとよいでしょう。

また小学生から高校生までを対象に、金曜日と土曜日にジュニア教室を開催しているので、対象の年齢ならば、受けてみて雰囲気をつかむこともできます。