ゲームクリエイターの仕事内容

ゲーム制作は共同作業

ゲーム作品はさまざまな役割を担った人の共同作業で作られています。

職種を詳しく見ていくと、ディレクターやプロデューサーのほか、シナリオライター、グラフィックデザイナー、プログラマー、サウンドクリエイターなどが挙げられ、一つのゲーム作品を完成させるために、時には100人以上の人が関わることもあります。

人々が「ゲームクリエイター」と言う場合、ゲーム制作に携わる人全般を指すケースと、ゲーム制作の中でも特に「企画職(プロデューサー、ディレクター、プランナーなど)」の人を指すケースの2通りがあります。

後者の場合、ゲームのシステムやプログラムを実際に構築していく人は「開発職」として、ゲームプログラマーと呼ばれることが多いです。
ゲームプログラマーの仕事

職種ごとの仕事内容

このように、ゲーム制作には多くの人が関わっているため、ゲームクリエイターと言っても一人ひとり仕事内容は異なります。ここでは職種ごとに、それぞれの仕事内容をご紹介します。

プロデューサー

ゲーム制作に不可欠な予算面の管理や制作メンバーのチーム編成、スケジュール管理などを担当します。現場の仕事に中心的に携わることはあまり多くありませんが、作品を統括する立場として必須の存在です。

ディレクター

いわゆる「現場監督」です。予定通りに制作が進行しているか把握しながら、各セクションのスタッフに指示を出したり、必要に応じて軌道修正を行います。

全体を見渡しながら多くのスタッフをまとめ、適切な指示を出していかなければならないため、責任は重大です。また、クオリティの管理も担っています。

プランナー

新しいゲームを生み出すきっかけとなるアイディアを出す人です。「これからどんなゲームが流行りそうか?」「どれだけ売れそうか?」などマーケティング力も発揮しつつ、市場を理解した上で具体的な企画内容に落とし込み、仕様書を作ります。

また、シナリオ作成や作品のテスト、スクリプト言語を使ったプログラムのような作業を行うこともあります。

グラフィックデザイナー(3D/2D)

絵を生み出す人です。2Dの場合、ドットと呼ばれる点で人物や背景などを描いていきますが、近年主流となっている3Dグラフィックでは、ポリゴンを使って全ての絵を表現します。

プログラマー

絵や音楽など、ゲームを成り立たせるための全ての要素をゲーム内に落とし込む作業を行うスペシャリストです。具体的には、コンピュータに専門的な言語を使ってプログラミングを行い、バグが出なくなるまで修正を行います。

シナリオライター

ゲームのストーリーや、登場人物のセリフ等を作成する人です。企画意図に沿って、またシステムを頭に置いてシナリオを書いていく必要があるため、ディレクターやプランナーが兼任することもあります。

サウンドクリエイター

ゲーム内で使われる音楽を作る人です。テーマ曲や戦闘用音楽だけでなく、ドアを開ける音やボタンを押す音など、細かな効果音(SE)も制作します。

音楽一つでゲームの印象をガラッと変えるため、現場と綿密な打ち合わせを行った上で、しっくりくる音楽を作り上げる必要があります。

仕事体験談