このサイトはゲームプランナーを目指す人のための情報サイトです。

ゲームプランナーとは?

ゲームプランナーは、ゲーム作品の企画を立て、仕様書を作成する仕事です。作品のテーマやコンセプトの決定からはじまり、ゲームの詳細なルールや作中に登場するあらゆるもののギミックやパターン、さらにはステータスや画面レイアウトなどを細かく決めていきます。ゲームプランナーの多くはゲーム制作会社に勤務しており、働くうえで特別な資格は必要ないものの、豊かな発想力や企画力、表現能力などが求められます。実力主義の傾向が強く、経験を積むと企画のみならずディレクターとしての役目まで担う人もいます。年収は勤務先によっても違いが出てきますが、全体としては年功序列というよりも、本人の実績に応じて給料がアップする会社が多いようです。

仕事体験談

ゲームプランナーの仕事内容

ゲームプランナーとはゲームの主には基本となる企画を行い、細かい仕様書を作成する仕事です。

一言でプランナーと言ってもさまざまな仕事があり、1つのゲームを作るために行われる工程のすべてに携わることとなります。

まずは企画立案としてコンセプトやテーマ・大まかな仕様のわかる企画書を作成。

そして実際に制作に入ると、ゲームの詳細なルール、登場するもの全てのギミックやパターン、ステータスや画面レイアウトなどプロジェクトの進行に必要な細かい仕様書作成を行います。

最後に、実際にゲームを操作しゲームバランスやパラメーター、レイアウトなどの細かい修正点をチェックします。

これらの仕事は一人で行うこともあれば、ゲームの規模や会社によっては分業で行われる場合もあります。

ゲームプランナーになるには・必要な資格は?

ゲームプランナーになるために必要な資格はとくにはありません。多くは大学や専門学校を卒業してゲーム制作会社に就職することになります。

プログラミングやデザイン関連の資格も知識として役に立ちますが、これらの資格はプランナーとしては重要視されていません。

実際にゲームプランナーに求められるものは、発想力や企画力、その魅力を伝えることができる力です。

そのためには普段から流行に敏感であったり、映画鑑賞や本をたくさん読むといったこともしておくとよいでしょう。

また、ゲームに登場するものすべての細かい仕様書を作成することにもなるので、指示や意図が確実に伝わるような文章力も必要となります。

ゲームプランナーに向いている人

ゲームプランナーにはコミュニケーション能力がある人が向いています。

企画時には、自分の企画の面白いポイントや、このゲームが市場のニーズに合っているということを納得、共感させるためのプレゼンテーションを行わなければなりません。

そしてプロジェクト進行中は、グラフィック担当者やプログラミング担当者、サウンド担当者などとの作業が円滑に進められるようにすることが必要となります。

途中コンセプトのズレを起こさないようにすることや、各担当スタッフとの相互理解を行ったりとさまざまな調整役もゲームプランナーの仕事になります。

常に人と関わりながら仕事をするため、コミュニケーションを取るのが苦手な人には難しい仕事でしょう。

ゲームプランナーの就職状況・雇用形態

ゲームプランナーの就職先としてゲーム制作会社があげられますが、会社によって、プラットフォームを発売している会社(ファースト)、ファーストの子会社(セカンドパーティー)、大手ゲーム制作会社(サードパーティー)、中堅制作会社(サードパーティー)、派遣会社に分類されます。

それぞれ、正社員雇用だけでなく、契約社員などの雇用形態もあります。

最近ではアプリゲームやオンラインゲームの普及により、新たにゲーム事業をスタートさせる会社の求人が増えていますが、その場合多くは経験者の求人となります。

最初は中堅サードパーティーで経験や実績を積んだ後、大きなプロジェクトに挑戦できるセカンドパーティーや大手サードパーティーなどに転職する人もいます。

ゲームプランナーの給料・年収・待遇

ゲームプランナーの1年目の平均年収は、未経験者で250~350万円ほどです。

実務経験者になると350~500万円くらいになりますが、実績によっては600万円以上になる場合もあります。

ゲーム制作会社の給与形態は、実力主義の傾向が強く、勤務年数による年功序列型の増加はあまり期待できません。

実績を残すことにより年収がアップしていくことが多いようです。

会社によっては、制作したゲームがヒット作となれば臨時ボーナスが出ることもありますし、毎月の残業時間によっても収入が変動します。

ですから、時期によって、またはある年だけ収入が大幅に増えるということもあります。

ゲームプランナーの生活・勤務時間・休日

ゲーム業界には忙しい時期とそうでない時期とがありますが、ゲームプランナーの場合は、ゲーム開発中が一番忙しいといえるでしょう。

ゲームの仕様書作りから各担当者との打合せ、調整などをする合間に、プロモーション活動やゲーム関連のイベントに出展する準備なども行う場合もあります。

仕様の変更作業が発生したり、追い込み作業の時期になると、残業時間の増加や休日出勤になる覚悟も必要です。

「フレックスタイム制」や「裁量労働制」を導入して、各自で勤務時間の調整を任せている会社や、ゲームの制作が完了し落ち着いたところで、プロジェクト休暇といった形で特別休暇がもらえる会社もあります。

ゲームプランナーの現状と将来性

パソコンやスマートフォンの普及などで、気軽にゲームができる環境になり、ゲームをする人口が増加しました。

これによりゲーム開発市場は活性化し、さまざまなジャンルで新しいゲームがどんどん開発されリリースされています。

しかし、どれだけ多くの人を取り込めるかの競争もますます激しくなっているのが実情です。

いかに市場のニーズに応え、魅力的で人気のあるゲームを作り出すことができるかが、ゲームプランナーとして求められます。

1つの作品を作り上げるというやりがいや楽しさはありますが、それなりの実績を残すことができない場合は、ゲームプランナーとしての安定性や将来性は保証されません。

多くの人に楽しんでもらえる企画が浮かぶよう、常にアンテナを張って、情報やトレンドをキャッチしていくことが大切になります。