このサイトはアニメーターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「アニメーター」

仕事内容
アニメーターは、アニメーションの基となる絵を描く仕事です。アニメーション作品は膨大な枚数の絵から成り立っており、その1枚1枚を描いていくのがアニメーターです。動画のポイントになる絵を描く人は原画マン、その間のコマを描いていく人は動画マンと呼ばれ、普通は動画からスタートし、次第に原画作業へとステップアップできます。さらに力がつくと、原画マンと動画マンが描いた絵をチェックする作画監督になることもできます。
なるには
アニメーターは特別な資格が いる仕事ではありませんが、絶対に必要なのは画力です。ただ想像して自由に絵を描くことが上手というよりも、デッサン力や画面構成力が求められるのがこの仕事の特徴です。そのため、多くの人はアニメーターの専門学校や美術大学で学び、基礎的なスキルを身につけた上でアニメ制作会社やプロダクションに就職します。なお、一人前になるには数年間の下積み生活が続くため、20代前半までを採用条件としている会社も多いです。
給料
フリーランスで働く人が多いアニメーターの収入は、「歩合制」が基本となります。絵1枚当たりで報酬をもらいますが、その単価はとても安く、テレビ作品の場合、動画は1枚150円~250円程度、原画は1枚2000円~2500円程度となっています。新人のうちは何日も徹夜しても、月に10万円以下しか稼げない人も多く、非常に厳しい業界として知られています。下積み時代を乗り越え、原画マンや作画監督になれれば、少しずつ収入は上がっていくでしょう。
将来性
アニメーターの労働環境は決して恵まれているとは言えないため、下積み時代に辞めてしまう人が少なくないようです。ただし、実力がつけば少しずつ収入はアップしますし、大きな仕事も任せられるようになります。近年は、単価の安い動画の仕事を海外に外注するケースも増えているようですが、優秀なアニメーターを育てるには、若手が頑張るしかありません。数年間は厳しい生活が続くもの、という覚悟を持っておくことが大事だと言えます。