このサイトはゲームディレクターを目指す人のための情報サイトです。

ゲームディレクターとは?

ゲームディレクターとは、ゲームの開発現場において、チーム全体を束ねる仕事です。ゲーム開発にはゲームプランナーやプログラマーをはじめ多くのスタッフが関わり、ディレクターはゲームの企画段階から完成までの間、スケジュール管理やクオリティに関する指示を出しながらスタッフ全体を統括します。ゲームディレクターはゲーム制作の流れ全体を理解する必要があるため、一般的にはゲーム制作会社でプログラマーやデザイナーなどとして経験を積んだ人がステップアップしてこの仕事に就きます。平均年収は勤務先によって400万円~500万円程度といわれますが、ヒット作を生み出せるディレクターになれば、大きな収入を得ることも夢ではありません。常に時代のニーズを捉え、ヒット作品を生み出す豊かな感性やセンスが求められます。

ゲームディレクターの仕事内容

ゲームディレクターとは、ゲームの開発現場において、チーム全体を束ねる総監督です。

ゲーム開発にはゲームプランナーやプログラマーを始めとして多くのスタッフが関わりますが、ゲームの企画段階から完成までの間そのスタッフ全体を統括します。

具体的には、

・開発がスムーズに進行するようスケジュールの管理を行う
・ゲームを客観的に見てクオリティを保持するためのアドバイスを与える
・問題や不具合が発生した場合などには的確な判断を行い指示を出す

といったことがディレクターの主な役割です。

ゲームディレクターはゲーム開発において、影響力が大きいポジションとなります。

ゲームディレクターになるには・必要な資格は?

ゲームディレクターになるために必要な資格はとくにありません。

しかし、ゲーム業界未経験者がいきなりゲームディレクターになることはなく、大学や専門学校を卒業後、ゲーム業界で開発スタッフとしてある程度の実務経験を積んでからなるのが一般的です。

まずは、ゲームメーカーやゲーム制作会社で開発チームに入り、担当部門のメイン担当者になります。

そのためにはプログラマーならプログラミングスキルを、デザイナーならグラフィックスキルをといったように、自分の担当分野のスキルを身に付けておくことが必要です。

開発スタッフとして仕事をしていると、ディレクターの仕事も知ることができます。

すぐにゲームディレクターになれるものではありませんが、ゲーム開発の経験や実績を積んでいきながら、チャンスを待ちましょう。

ゲームディレクターに向いている人

ゲームディレクターに向いているのは、魅力的なゲームを作り出すことのできる発想力、そしてそれを開発スタッフに的確に伝えられる表現力、チーム全体を統括するリーダーシップがある人です。

とくに、スタッフ全体に気を配る、意見の衝突などがあれば調整する、情報を共有し目的意識を明確にするといったリーダーシップ能力は不可欠です。

また、ゲームディレクターは、納期に合わせてスケジュール管理を行いますが、スケジュール通りに進行しないこともあります。

そういった時にはスタッフに無理をお願いしなければなりません。そこで重要となるのが信頼関係を構築できているかどうかです。

普段からスタッフとの連携を取り、雰囲気をよくしておくこと、メンバーの士気を保つことのできるコミュニケーション能力も必要とされます。

ゲームディレクターの就職・雇用形態

多くはゲームメーカーやゲーム制作会社に就職し、そこでゲーム開発に携わり実務経験を積みながらゲームディレクターとして抜てきされるのを待つことになります。

また、ゲーム制作会社では、ゲームディレクターの募集を行っていることもあります。

その場合は、ゲーム業界での開発実務経験者を求めている場合がほとんどですから、ゲームディレクターとして採用されるチャンスです。

その他、仕事ぶりやさまざまなつながりから、別の会社からゲームディレクターとして来て欲しいといわれることもあります。

実力主義のゲーム業界でゲームディレクターを続けていくためには、期待外れにならないようなディレクターとしての実績を残すことも必要です。

ゲームディレクターの給料・年収・待遇

ゲームディレクターの年収は、ディレクターの経験によって差が出てきます。

5年目くらいまでは300~400万円前後でしょう。一般的には30代で400~500万円程度といわれています。

ゲームディレクターは正社員として雇用される割合が高いので、大手ゲーム制作会社と小規模の会社とでは給料にも差があります。

大手の方が高い年収を得ていることがほとんどです。

しかし、ゲーム業界は実力で収入が決まることが多いので、小規模の会社でも1000万近くの年収をもらっているディレクターがいるのも事実です。

ゲームディレクターは、どれだけ多くのヒット作を生み出すかによって、年収に差が出やすい職業といえます。

ゲームディレクターの生活・勤務時間・休日

ゲーム業界での勤務体制は、現場が忙しい時期とそれほど忙しくない時期との差があったり、スケジュールによって、勤務時間を一律に定めることが難しいため、「フレックスタイム制」や「裁量労働制」が導入されているところが多いです。

自分でスケジュールに合わせて勤務時間を決めることができますが、「裁量労働制」の場合は、労働時間が長くなっても、事前に決められた「みなし労働時間」で計算されることになります。

制作作業が大詰めの時期や、ゲーム関連イベントへの出展準備で忙しい時期などには、遅くまで残ったり、休日に出勤しなければならない場合もあるでしょう。

会社によっては、ゲーム制作が終わった段階で、プロジェクト休暇としてまとまった休みがもらえることもあります。

ゲームディレクターの現状と将来性

PCやスマートフォン、タブレットの普及もあり、近年ゲーム人口は増加傾向にあります。

家庭用ゲーム機でのゲーム開発に限らず、さまざまなデバイスでのゲームの開発が行われている現在、ゲーム業界は今後ますますの成長が見込めます。

新たにゲーム業界に参入してくる会社も増えてきていますので、ゲームディレクターの需要はこれまで以上に増えるでしょう。

ゲームディレクターは、ゲームが好きで、多くの人が楽しめるゲームを作りたいという熱意があれば、やりがいのある職業といえます。

しかし、実力主義傾向の強いゲーム業界ですから、常に時代のニーズを捉え、ヒットさせることのできる感性を持ち続けることが必要です。