このサイトはゲームシナリオライターを目指す人のための情報サイトです。

ゲームシナリオライターとは?

ゲームシナリオライターは、ゲームのシナリオを作成するライターのことをいいます。ただし、シナリオを書くことに加えて作品の企画やゲーム制作のさまざまな作業に関わることが多く、ゲームプランナーやゲームディレクターが兼任するケースもよくあります。この仕事を目指すのであれば、ゲーム制作会社に勤めることが近道となるでしょう。平均年収は400万円前後とされていますが、個人の実力のほか、会社の規模や業績によってもだいぶ違いがあるようです。ゲームシナリオライターは作品づくりの根幹を担う重要な存在であり、人気も高くなっています。制作会社では、開発業務から地道に経験を積むことが求められる場合もありますが、コンテストなどでの受賞を契機にゲームシナリオライターへの道に進む人もいるようです。

ゲームシナリオライターの仕事内容

ゲームシナリオライターはゲームのシナリオを作成するライターの総称ですが、多くの場合、通常のシナリオライターとは異なり、シナリオを書くことに留まらずゲームに関わるさまざまな作業に携わることになります。

そのため、実際にはゲームプランナーやディレクターが兼任する場合も多いようです。

またゲームシナリオライターという仕事では、ライターとしてただシナリオを一本書けば良いというわけではありません。

ゲームの持つ特性上、プレイヤーがどんな選択をするかによって、メインストーリーだけではなく複数のサブストーリーやキャラクター達が織りなす会話の詳細まで考える必要があります。

そのため企画の段階から参加することでゲームの仕様をよく理解し、仕様に変更が生じた場合はプログラムを組んで反映させるといったことも必要になります。

ゲームシナリオライターになるには・必要な資格は?

ゲームシナリオライターになるために必要な資格はとくにありません。

大学や短大、またはゲーム開発者のための専門学校に入学してゲームの開発やプランナーの技術を取得し、ゲーム制作会社に就職するのが一般的です。

ゲーム制作会社に就職する場合、現状ではプランナー兼ゲームシナリオライターというように、シナリオライターに特化して募集されることはあまり多くありません。

そのためプログラミングの能力が必要になる場合もあります。

また文章を書く能力の他、プログラミング、キャラクターデザインを描くためのグラフィックの知識など、コンピューターに関するさまざまな知識やスキルが求められるでしょう。

経験を積むことも大切で学生時代からアルバイトでゲームを開発する企業で働き、卒業後はそのまま就職、といった例も多いようです。

ゲームシナリオライターに向いている人

ゲームシナリオライターには、ゲームをするのが好きでゲームに対する興味が人一倍強い人が向いているといえるでしょう。

もちろん自分でゲームをプレイするだけではなくゲームを自ら作ることが好きで、ゲーム作りの経験がある人にも向いています。

さらにゲームに関わらずプログラミング、グラフィックに興味がある人などが求められるでしょう。

またゲームシナリオライターはライターですから、文章を書くのが好きな人にも向いているでしょう。

なお仕事の特性上、人間関係より技術的な面が重視されるように思われるかもしれませんが、ゲームシナリオライターは、多くの人と協力して作業する必要があるためコンピューターに向かっての作業が得意なだけではなく、コミュニケーション能力に優れていることも大切です。

ゲームシナリオライターの就職状況・雇用形態

ゲームシナリオライターの就職先は主にゲーム制作会社になります。

しかしゲームシナリオライターそのものを募集している会社はあまり多くありません。

新卒の場合、最初からゲームシナリオライターとして活躍するのは難しいため、就職後、開発に携わる中、ゲームに関する全般的な知識を身に付けていくのがゲームシナリオライターになるための近道といえるでしょう。

また新卒だけではなく、経験や能力が求められるため既卒の採用も多くなります。

その他、アルバイトから始めているうちに、そのまま就職する、といったケースも少なくないようです。

ゲームシナリオライターの給料・年収・待遇

ゲームシナリオライターの場合、ゲーム制作会社の社員として働くことが多いため、一企業の社員として年収や月収を得ることが多くなります。

フリーでゲームシナリオライターになることも可能ですが、ゲーム制作会社とのつながりがなければ、仕事を受注することができませんので最初からフリーで収入を得るのは難しいでしょう。

ゲーム制作会社の社員として働く場合、通常、年収は300万~700万円程度で、平均的には400万円程度といわれています。

ただ実力や経験だけではなくゲームの販売数など、不確定な要素も影響するため、一概にいくらとはいえないところもあります。

大人気ゲームに携わっていれば、大幅な昇給も期待できるでしょう。

ゲームシナリオライターの生活・勤務時間・休日

ゲームシナリオライターの場合、勤務しているゲーム制作会社、また、進行中のプロジェクトなどによって勤務時間や休日が決まります。

当然、忙しいプロジェクトや納期直前の場合など、休日を返上しての作業や連日連夜の作業も多くなるでしょう。

ゲーム開発に限らず、開発に携わる場合、個人で作業しているように感じることが多くても、実際には周りとの連携プレイが重要になります。

そのためプロジェクトが忙しいときはチーム全体が忙しい状況が続きます。

ゲームシナリオライターの生活ですが、もともとゲーム好きな人が多く、ゲーム好きでなければ続けるのは難しいため、ライフワークそのものが仕事であるという人も少なくありません。

いずれにしろ好きなことを仕事にしている人が多いため、やりがいを感じる人が多くなるようです。

ゲームシナリオライターの現状と将来性

ゲームシナリオライターを志望する人の数は年々増加しています。

また現状では最初からゲームシナリオライターとして就職するのは簡単なことではありませんが、ニーズが高く、コンテストなどでの受賞を契機にゲームシナリオライターへの道に進む人もいるようです。

ゲームシナリオライターは中高生の間でも人気があるため志望する人が多く、今後は能力さえあれば若い世代の中から活躍する人が増えていくことでしょう。

とくに現在の中高生たちは小さい頃からゲームに接しており、小学生のうちからプログラミングを趣味で行っている場合も少なくありません。

将来的にはプロ、アマチュア問わず、能力さえあれば活躍する機会が提供されるようになるかもしれません。