学芸員の給料・年収

給料は低め

学芸員は博物館関連の施設に勤務します。学芸員の仕事は専門性が求められますが、給与はあまり良くないのが現状です。一般的には月給15万〜20万、年収250万〜400万円くらいがが平均と言われています。

公立の博物館に所属するとなると公務員としての扱いであり、各自治体の給与体系に従って給与が支給されるので、年収もそれなりにはなってきますが、恵まれた待遇の求人は非常に競争率が高くなっています。

博物館の職員にも臨時職員、嘱託職員、アルバイトなどの人材を活用し、人件費の削減を図ろうとする流れも大きいです。そうした雇用形態では、正社員以上に給与は期待できませんし、社会保険などの待遇面も劣ります。

一般企業の初任給程度で長期間の更新制という契約もあり、生活は苦しいものになります。主婦のパート代わりの職、と割り切ってる人もいるそうです。

給料削減の流れ

国立博物館の館長クラスでは年収一千万円を超える人もいるようですが、公務員の人件費削減にの声が大きく、今後の待遇は悪化していくことが予想されます。特に文化関連は近年風当たりが強くなりつつあります。

過去においては公共施設の運営を外部に委託する「指定管理者制度」もできあがりました。これは人件費などの削減が目的に作られたものです。この職で働いた場合はほとんど任期が設定されており、正規雇用より給料が半分以下になる場合もあるそうです。

給料以外のやりがい

学芸員は正社員の募集が非常に少なく、就職先を探す事自体が困難なため、待遇が良くなくても働きたいという人が数多くいます。それは、給料の高さより「自分の好きなことに関われる」という仕事の魅力があるからです。

学芸員の職についている人は、学芸員の仕事が好きだからという人がほとんどでしょう。好きな分野にたずさわることができる、やりがいの大きな仕事ではありますが、仕事内容も楽なものではなく、金銭面を重視される方はあまり望ましい職とは言えないかもしれません。