イベントプランナーになるには

就職する前にすべきこと

イベントプランナーになるにあたって、必要な資格などはとくにありません。ライブ、ショー、フェスティバルなど、多様なイベントを見て感性を磨いておくとよいでしょう。

また、学生であるならば、イベント会社でアルバイトとして働いてみるとよいかもしれません。イベントプランナーの仕事の実態が理解できると同時に、就職の時にアピールできるポイントにもなります。

自分の気になる会社のイベントなどがあったら、積極的に足を運んでみてください。

必要な学歴は?

就職先によって異なりますが、広告代理店やイベント企画会社で働きたい場合は、「大卒以上」の学歴が求められることろも多いです。

大手になればなるほど、難易度の高い大学を出ていたほうが有利になるといわれます。

学部・学科はとくに問われませんが、企画やマーケティングの勉強は就職後に役立ちます。経営学部、商学部、社会学部などの文系出身者が多いようです。

また、やりたい専門分野のイベントがある場合には、専門学校で特定の分野を学ぶのもよいでしょう。

たとえば、音楽イベントをやりたいという場合には音楽ビジネス系、ブライダルイベントをやりたいという場合にはブライダル系の専門学校などが考えられます。

また、マスコミ関連の専門学校や、イベント全般のプランニングを学べる学校も選択肢の一つとなります。

クラシックコンサートのイベントプランナーとして働く人の中には、音楽大学出身者もいるようです。

イベントプランナーの働き方

広告代理店やイベント企画会社を就職先に選ぶと、イベントプランナーに近づけます。これらの企業は数が多いため、まずは自分の好きなイベントをプランニングしている会社を調べてみるとよいかもしれません。

会社である程度の実力、人脈、経験などを身に付けたのち、自分でイベント会社を立ち上げたり、フリーランスとして活躍する人もいます。

ただし、フリーランスで活躍している人はまだまだ少ない世界です。将来的にフリーランスを目指す場合でも、まずは企業で経験を積み、人脈を作ってからの方がよいでしょう。