社会人から大学教授になるには

研究に対する熱意から

大学教授になるには、事実上「博士号」が必須となります。

そのため、大学教授を目指していきたい場合、大学卒業後は、自身の専門分野や研究を深めていきたい分野の大学院に進む道が一般的なルートとなります。

研究というものは、決して大学教授だけが行っているわけではありません。企業などもさまざまな研究を行っていますし、各方面で最先端の研究も進められています。

しかし、一般的に企業で行われる研究は、企業の意向で行われるところが多くあります。

また、企業は収益がなくては成り立たないものであるため、研究に対しても営利が絡んでくる場合があり、純粋にその分野について研究を行うことが難しい場合があります。

こうしたことから、企業勤めの研究者たちがより研究を究めるために、大学教授に転身を考える場合があるようです。

企業勤めの研究者から大学教授に転身

先に挙げた通り、大学教授への道のりは、大学から大学院に進み博士号を取得することが一般的ですが、企業勤めをしていた研究者が大学教授になる場合は、この限りではありません。

たとえば、企業で働いてきた実績が買われて大学にスカウトされ、大学教授になる人がいます。

大学教授とは、その分野について高度な専門的な知識を持つことが必要な職業です。

博士号の取得が必須とされているのも、そうした背景によるものですが、別の見方をすれば、世界的に有名な芸能人やスポーツ選手も、「他にない技術や才能を持っている」という意味で大学教授となる資格があるといえます。

実際、こうした分野の人たちが大学教授となっている例もあります。

この場合、芸能人やスポーツ選手は普通、博士号を持っていません。

それと同じように、企業勤めの研究者の場合も、企業での研究成果や実績について資格があると判断されれば、博士号の有無に関係なく、「客員教授」といった名称で大学教授となる場合があります。

とはいえ、企業の研究者として実績があるからといって、誰しもが大学にスカウトされて大学教授になれるわけではありません。

客員教授という形で大学教授となる場合は、その人自身がその大学を卒業していたり、大学院を修了している場合がほとんどのようです。