調理師の仕事内容

調理師とは

調理師は、レストランや料亭、ホテルなどで料理を作る仕事です。学校の給食や病院の食事を作るのも調理師の役目です。

日本料理を作る人は「板前」、西洋料理のコック長は「シェフ」、洋菓子やデザートを作る職人は「パティシエ」と同じ料理人でもさまざまな呼び方があります。

板前の仕事
パティシエの仕事

調理師の免許がなくても料理の仕事につくことはできますが、「調理師」と名乗ることができるのは、調理師国家試験に合格した人のみです。

なお、そのほかの調理の資格としては、「食品衛生責任者」、「船舶料理士」、「製菓衛生師」、「ふぐ調理師」、「栄養士・管理栄養士」などがあります。

栄養士の仕事

新米のうちは雑用係

調理師になったからといって、すぐに料理を作らせてもらえるわけではありません。

新米調理師は、まず見習いとして下積み期間をスタートさせます。先輩調理師が来る前に調理場の掃除をし、道具を整え、食材を運び、洗い、下処理をします。また、盛り付けや配膳も新米調理師の仕事です。

新米調理師は、朝は誰よりも早く行って準備をし、夜は遅くまで残って掃除や後片付けをします。これはどの調理師も経験することで、その後徐々に食材を触らせてもらえるようになります。

一人前の料理人になるまでの道は険しく、何年もの下積みが必要です。また、一人前の料理人となった後も、一生修行するという気持ちを持つことが求められます。

調理以外の仕事も任される

調理師の基本的な仕事は食材を調理することですが、一人前と扱われるようになると調理以外の部分も担当することになります。たとえば食材の仕入れや新メニューの開発、店舗の衛生管理などです。

また、店によっては売上管理やコスト計算まで調理師の仕事になることがあります。つまり、調理師とは料理に関することすべてを任される存在といえます。

どんな場所で働くか

調理師が働く場所は、ホテル、旅館、レストラン、カフェ、飲食店、結婚式場の他、食品系企業の開発部門、ケータリングサービス、惣菜専門店、学校の給食室、企業や病院・福祉施設の調理場など、さまざまです。

学校や病院などでは、栄養士と協力して給食をつくります。

職場の規模も個人経営から企業経営まであり、勤務時間や給与、待遇面は職場によって異なります。

外食産業が盛んな現代社会では、調理師は「食」の部分を支える料理人として、あらゆるところで必要とされています。

また、自分で店を出すことを夢にしている人も数多くいます。

なお、飲食店を開業する際には、食品衛生責任者の資格が必要となりますが、調理師の資格を取得していれば、無試験で資格を得ることができます。

仕事体験談