調理師の就職先

調理師には、さまざまな就職先があります。

ここでは、調理師の代表的な就職先を紹介していきます。

飲食店

調理師の就職先として最も多いといえるのが、飲食店です。

ひとくちに飲食店といっても、日本料理や西洋料理、中華料理、エスニック、イタリアン…など多岐にわたり、店によって提供するメニューも異なります。

また、店の形態も大手チェーン店や高級レストラン、個人経営の小料理屋など多種多様です。

そこでの仕事内容は、調理そのものだけでなく、食材の仕入れや仕込み、メニュー開発、皿洗い、店内の掃除などがあります。

調理師が自ら接客を行うこともあります。

これらの飲食店に調理師として就職する人もいれば、自ら店を出して仕事をする人も多くいます。

ホテル

ホテルも、調理師の就職先としては代表的なものとなります。

ランチバイキングやディナーのコース料理、婚礼や宴会用のパーティー料理などの調理に携わります。

ホテルの厨房は規模が大きめで、大勢の調理人が所属しています。

前菜、メインディッシュ、デザートといったような担当業務ごとにセクションが分けられており、それぞれの持ち場で調理にあたります。

ホテルの厨房は上下関係の面でもかなり厳しい職場といわれており、ホテルで修行を積んで実力をつけ、独立を果たす調理人も大勢います。

病院や介護施設、学校など

病院や介護施設、学校のようにたくさんの人が集まる大きな施設では、「大量調理」「集団調理」といわれるような、一度に大量の調理をすることが特徴です。

あらかじめ管理栄養士や栄養士が作ったメニューに沿って調理をし、鍋などの調理器具も大量調理向けの大型のものを扱います。

アレルギーやカロリーなどの制限にも注意する必要があります。

飲食店のように接客やメニュー開発を行うことはほとんどなく、調理そのものに携わることが特徴です。

食品メーカーなどの企業

食品メーカーなど、食品関連企業の開発部門で働く調理師もいます。

調理技術そのものというよりも、調理や食に関する専門知識および情報感度などを生かして活躍することができます。

仕事体験談