ケースワーカーのやりがい、魅力

広い専門知識を発揮できたとき

福祉の仕事に対して「大変そう」というイメージを抱く人も多いですが、実は、ものすごくやりがいがある仕事だといえます。

とりわけ、公的機関において地域住民のさまざまな相談にのるケースワーカーには、福祉関連の法律や制度に関する広い知識が求められます。

行政のあらゆることに精通しないとできないともいわれており、自分自身を成長させるためには、とても良い機会になるでしょう。

覚えることは多いですが、学んでできることが少しずつ増え、対象者を助けられたと実感できたときが、ケースワーカーにとっての大きなやりがいです。

対象者と信頼関係を築けたとき

ケースワーカーは、毎日多くの地域住民と接します。

最初の面談では緊張していても、何度も会話をしたり訪問を行ったりする中で、少しずつ信頼関係を築いていくことができます。

相手の本音を引き出すことができたり、日常の何気ない話をしてくれたときには、「自分を信頼してくれているのだな」という気持ちになり、達成感や充実感が味わえるでしょう。

人を助け、社会に貢献できる仕事

ケースワーカーは、人の人生に深く関わる仕事です。

それだけに苦労もたくさんありますが、「困っている人を助ける」という使命がベースにあるため、奉仕の精神を持つ人にとっては、日々の仕事の中でたくさんのやりがいを感じられる瞬間に出会えます。

たとえば、ケースワーカーが行う援助には生活保護に関するものも多くありますが、対象者の就職が無事に決まり、保護を脱却して自立したときには、自分のことのようにうれしい気持ちになります。

福祉サービスを必要とする人は大勢おり、社会貢献性の強い仕事であるといえるでしょう。