客室乗務員の訓練

客室乗務員の訓練とは

客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)として採用されると、まずは2ヵ月間ほどの専門的な訓練を受けなければなりません。サービス要員、保安要員の両面に関するスキルを身につけたうえで、実際のフライトに臨むことになります。

20人程度のクラス単位に分かれ、まずは社会人としての心構えから、客室乗務員の専門スキルまでしっかりと訓練されます。指導するのは、人材開発部や客室訓練部などに所属する、先輩客室乗務員たちです。

サービス訓練

接遇や機内アナウンスを中心とする訓練です。機内食や飲み物の提供方法にはじまり、自然な笑顔の作り方、美しい立ち姿や座り姿、メイクアップの方法などまで、厳しくチェックされます。

保安訓練

サービスの訓練以上に厳しいとされるのが、緊急時に備えた保安訓練です。JALやANAでは自社に「訓練センター」があり、そこには大きな機体の一部を切りだした模型が置かれ、内部も本物同様となっています。

その模型を利用して、緊急時の対処法について身体を動かしながら学んでいきます。火災をシミュレーションできる機能などもあり、ありとあらゆる不測の事態に備えた訓練が可能となっています。

万が一のことがあれば、客室乗務員は迅速かつ的確な状況判断に加え、乗客を誘導するためのリーダーシップも求められます。もちろん、正しく誘導するためには飛行機の仕組みについても理解している必要があり、それを学ぶ時間も訓練には含まれています。

訓練内容は会社によっても異なる

このように、サービスと保安の両面の訓練があるのが特徴的ですが、航空会社によって訓練期間やカリキュラムは異なります。外資系の場合、日本ほどサービスに関しては厳しくない会社もあると言われています。