プロボクサーの給料・年収・収入・ファイトマネー

ボクシングで生活できるのは日本チャンピオン以上

プロボクサーは、基本的に給料がありません。ボクサーとしての収入は、試合をすれば得られるファイトマネーだけです。その試合に勝っても、負けても、契約したファイトマネーの額は変わりません。

しかし、ファイトマネーで生活ができるのは、日本チャンピオン以上といわれています。

日本チャンピオンになると、ファイトマネーが100万円前後にアップするといわれています。1年間に4〜5試合戦うと、ファイトマネーだけで400〜500万円。

所属ジムによっては、そのうちの何割かをジム側に徴収されるようですが、日本チャンピオンクラスになればボクシングだけで生活している人はいます。

世界チャンピオンの収入はプロ野球の一流選手並み

恵まれた生活をしたいと思えば、世界チャンピオンになるしかないというのが、ボクシング界の常識です。

世界チャンピオンのタイトルマッチになれば、ファイトマネーも1000万円〜5000万円と跳ね上がります。タイトルを防衛して1年間に4試合すれば、ファイトマネーだけで4000万〜2億円になります。

その何割かを所属ジムから徴収されても、ぜいたくな生活ができます。さらに、世界チャンピオンになれば、テレビ番組やイベントへの出演料、CM出演料なども入ってきます。

プロ野球やプロゴルフの一流選手と比べても、決してヒケをとらない高収入になるようです。

同じ世界チャンピオンでも、ファイトマネーに1000万円〜5000万円と差があるのは、人気の高さによります。具体的にはタイトルマッチをテレビ放送したときの視聴率です。

視聴率が高ければ、それだけスポンサーもたくさんついて放送権料がアップします。ボクシング興行の収入はテレビの放送権料が中心ですので、放送権料が高くなれば、ファイトマネーもアップするというわけです。

タイトルマッチの視聴率が高ければ、バラエティ番組やCMへの出演依頼も増え、年収もアップしていきます。

ほとんどのボクサーが他の仕事やアルバイトとの兼業

その一方、ほとんどのボクサーは、ファイトマネーだけでは生活できず、他に仕事をもったり、アルバイトをしているのが現状です。

ファイトマネーの相場は、日本ランカー(10位以内の選手)で30万〜100万円。A級ボクサーで15〜50万円、B級ボクサーで10〜30万円、C級ボクサーで5〜10万円。新人のC級ボクサーで3〜4万円といわれています。

このファイトマネーから年収を推定すると、A級ボクサーでも200万円以下、B級ボクサーで150万円以下、C級ボクサー50万円以下という計算になります。

所属ジムによっては、C級の場合、ファイトマネー代わりにチケットが配布され、販売した額が自分の取り分というケースもあります。

アルバイト先としては、飲食店が多いようです。食事を食べさせてもらえるのと、昼や夜間など労働時間が限られるためです。空き時間にトレーニングすることができます。

たとえば、元WBA世界ミニマム級チャンピオンの星野敬太郎は、横浜市内のとんかつ屋で料理長として働いていました。世界チャンピオンになった後、「チャンピオン丼」を考案して店の名物メニューになっています。