美容師を辞める人は多い?

美容師は続けられない?

美容師の仕事は辛く給料も低いとされています。離職率も高く、決して簡単な職業とは言えないのは事実です。

まずアシスタントの時期に、多くの美容師が離職してしまいます。そのうちほとんどの美容師は、美容業界へ戻ってくることがありません。それは現場の激務に耐えかねて辞めてしまうケースが多いからです。

また、女性の比率が少なくない美容業界では、結婚を機に離職することが多く見られます。最近では子育てしながら働けるサロンや、保育所を併設している美容室もありますので、働きやすい環境が整いつつありますが、それでも離職率を止める要因にはなれずにいるようです。

ただ、美容師はいくつになっても続けられる仕事です。だいたい自分の年齢層のお客様が支持してくれることが多いので、ベテランになるにつれ、平均単価も徐々に上がっていく傾向にあります。

さらにやる気があれば、アトリエを作り一人でやって行くことも可能です。完全予約制の美容室をマンションの1室で開いている方も多くいらっしゃいます。完全に自由に気遣いなくやりたい方には、最高の職場ともいえるでしょう。

美容師を辞める人の今後

若いうちに美容業を離れてしまう人は、その後の仕事は比較的多く見つかるでしょう。例えば、美容関係のリクルートスタッフ、美容メーカー、ディーラーの営業部、美容コンサルタント、などです。

美容学校を卒業している事や、実際現場を経験している方は優遇されるケースもあるようです。

では30歳をオーバーした、経験を積んだ美容師はどうでしょう。現状ではかなり他業種に就職することは大変なようです。

周りの中堅以降で離職した美容師は、洋服のショップ店員や、携帯会社の営業マン、実家の建設業、など美容とはかけ離れた仕事をしている方が多いように思われます。美容師をある程度経験し、年齢も決して若くない年代になると転職は大変厳しいようです。

他業種でも同じことが言えるとは思いますが、技術や年齢がある一定以上成熟した場合、美容業を辞めることを考えるよりも、独立や今のスキルを生かした仕事を模索する方が得策だといえるのではないでしょうか。

仕事体験談