美容師を辞める人は多い?

美容師は長く続けられない仕事?

美容師の仕事はハードで、その割に給料も低いといわれています。

そうしたことがあってか離職率もそれなりに高く、決して簡単に続けられる職業とはいえないのは事実かもしれません。

とくにアシスタントの時期には、多くの美容師が離職してしまいます。

そのうちのほとんどの美容師は、もう二度と美容業界へ戻ってくることがありません。その理由は、現場の激務に耐えかねて辞めてしまうケースが多いからです。

また、女性の比率が比較的高めとなっている美容業界では、結婚を機に離職することが多く見られます。

最近では子育てしながら働けるサロンや、保育所を併設している美容室も増えているため、女性が長く働きやすい環境が整いつつありますが、それでも離職をグッと止める要因にはなれずにいるようです。

しかし、美容師はいくつになっても続けられる仕事です。

だいたい自分の年齢に近い層のお客さまが支持してくれることが多いため、ベテランになるにつれ、平均単価も徐々に上がっていく傾向にあります。

さらにやる気があれば、サロンを開設し、一人で仕事をしていくことも可能です。

たとえば完全予約制の美容室をマンションの1室で開いている美容師もいます。他のスタッフに気兼ねなく、自由にやりたい人にとっては、最高の職場ともいえるでしょう。

美容師を辞める人のその後

若いうちに美容師を辞めたとしても、その後の仕事は比較的見つけやすいでしょう。

同じ美容に関わる職業としては、たとえば美容関係のリクルートスタッフ、美容メーカー、ディーラーの営業部、美容コンサルタントなどの選択肢が考えられます。

上記のような仕事に就こうとする場合、美容学校を卒業していることや、美容の現場を経験していることで優遇されるケースもあるようです。

では、30歳をオーバーした、ある程度の経験を積んだ美容師はどうでしょうか。

現状では、他業種へ就職することはだいぶ大変なようです。

中堅以降で離職した美容師は、洋服のショップ店員や携帯会社の営業マン、実家の家業を継ぐ…といったように、美容とはかけ離れた仕事をしている人も多いように思われます。

他の業界に一から飛び込むのであれば、やはり若い人のほうが有利になりやすいのが実情です。

他業種でも同じことがいえるでしょうが、技術や年齢がある一定以上成熟した場合、美容業を辞めることを考えるよりも、独立や今のスキルを生かした仕事を模索するほうが得策だといえそうです。

仕事体験談