美容師の現状と将来性

現在の市場状況

美容室は全国に22万店舗以上と言われていますので、就職先に困ることはあまりありません。首都圏では多種多様なサービスを行うサロンが多いので、働き方や方向性のマッチングは比較的可能な業界といえます。

髪を切ることは機械化が難しい形態のサービスであり、低価格化が進む可能性はありますが、今後も美容師の需要がなくなることはないと考えられます。

また、高齢化社会を迎え、福祉の分野において、美容師の需要が伸びてくるでしょう。

福祉美容師とは

美容師の可能性

美容室に限らず、サービス業は日本独特の水準の高さがあります。今後の活躍の場が国内であっても国外であっても、この日本独特の高水準のサービスは武器になるでしょう。

現在美容業界は好景気とは言えません。マーケット自体も縮小していますし、広告を打ち出していた企業もコストの削減に必死に取り組んでいるためです。

市場の開拓が必要な時代になってきていますが、その時に最大の武器になるのが「日本独自のサービス」です。

国内に外国人の数が増えていき、そのニーズに応えられるように毛質の違うシチュエーションも訓練する必要がありますし、活躍の場を海外に移す場合は他言語の修得も必要になります。

もちろん全てのことに共通しますが、日本で確実に技術と精神を学んでおく必要があります。

今後の展望の鍵は「グローバル化社会」

日本国内が不景気だというニュースが飛び交っている現在ですが、美容師の仕事は世界中に共通するものですので、まだまだ可能性のある業界だと言えます。

サービスの提供の仕方や、ターゲットを広くするなど、自分自身でステージを広めていくことが可能です。もっとも、国内、国外に関係なく、グローバルな視点と日本人独特のサービスを高水準で提供できることが基本になります。

つまりどんな時代にも臨機応変に対応出来る視点と行動力が、今後美容師としての充実と安定を獲得していく最良の手段ではないでしょうか。

仕事体験談