美容師に向いている人、適性

器用・不器用は関係ない

「不器用だから」という理由で、美容師をはじめとする技術系の仕事をあきらめる人もいるようですが、実際は美容師になるにあたって「器用・不器用」ということは大きな問題ではありません。

それよりも、この仕事に大切なのは「探究心を持ってコツコツと続けていけるかどうか」ということに尽きます。

美容師になる人は皆そろって器用な気がしますが、そんなことはありません。

美容業務で必要な技術スキルは、人によって習得スピードには差がありますが、反復練習によってクリアすることのできるものばかりです。

もちろん、芸術的観点やトレンドに対する知識なども必要ではありますが、こちらも学習する意欲と反復練習によって十分なパフォーマンスを身につけることができるようになります。

アシスタント時代は苦労の連続

美容師になるためには、数年の下積み(見習い・アシスタント)の期間が必要になります。

その期間は、お給料や休みなど、とても恵まれているとはいえない環境で働かなくてはならないため、たいていの美容師志望者はこの下積み時代に夢をあきらめます。

しかし、お客さまを担当する喜びを知らないまま辞めていくアシスタントは、まだ美容師とはいえません。

とにかくこのアシスタントの時期をいかに乗り越えられるかが、スタート地点に立つための難所といえます。

下積み時代はつらいことのほうが多いくらいです。粘り強さ、強い心を持つ人でなくては務まらないかもしれません。

仕事に意味を見出すこと

つらいことを乗り越えるには、日々の業務を作業的に行わず、自分で楽しみを見つけたり、その仕事を通して何が身につくかを考えたりすることが大切です。

たとえば、新人がはじめにお客さまと接する機会が増える業務に「シャンプー」があります。

しかし、そこでただ洗髪をするという作業に徹してしまえば、自分がロボットのようになってしまったかのような気分になり、モチベーションを上げることは大変難しいです。

ですが、洗髪中に「お客さまに名前を覚えてもらうように会話する」「寝てしまうくらいの気持ちのよいシャンプーをする」「お店の商品の宣伝をして売上げに加担する」といった工夫でアピールをしたり、自分でやりがいを見つけることで、日々の業務はずっと楽しくなります。

仕事の一つひとつに意味を見出していくのは、一人前の美容師になってからも大切なことです。

美容と人が好きであることも大切

美容師に向いている人とは、現時点で器用であったりお洒落であったりする人ではなく、何事にも可能性を見い出し、それを楽しく続けることができる人といえるでしょう。

しかし、「10年で離職率90%以上」ともいわれる業界ですから、そもそも美容に興味があること、そして人が大好きでしょうがないということが大前提にはなるでしょう。

仕事体験談