見習いの美容師

見習いの美容師とは何か

美容師の代表的な職場である美容室やサロンでは、「見習い」という肩書きをもって働いている人もいます。

この「見習い」の意味については明確な定義があるわけではなく、美容室によって考え方が異なりますが、たいていの場合「将来、スタイリストになることを目指している美容師の卵」といった意味で使われているようです。

見習い期間は雑務や先輩のサポートなどの仕事が中心となりますが、その時期に経験を積んで、スタイリストへステップアップするという流れが一般的です。

見習いとアシスタントの違いは?

美容室では、「見習い」と似た意味で「アシスタント」と呼ばれる人も働いています。

両者の違いについても明確な定義があるわけではありません。

美容室によって「見習いは美容師免許を持っていない人」「アシスタントは美容師免許を持っている人」と区別していることもあれば、アシスタントのことを通称「見習い」と呼んでいる場合もあります。

見習いだからといって、あるいはアシスタントと呼ばれているからといって、必ずしも美容師免許を持っていないというわけではないため、注意が必要です。

なお、見習いであってもアシスタントであっても、お客さまの髪に触れてカットなどの施術を行う場合には美容師免許が必要となります。

もし美容師免許を持っていない場合には、おもに受付や会計、施術に使うタオルや道具の準備、掃除などの仕事を担当します。

見習いの美容師として働くには

見習いの美容師の求人は、美容室のホームページや求人情報サイトなどに掲載されていることが多いです。

未経験者でも募集されることもあり、なかには美容専門学校に通って美容師免許取得を目指しながら、現場経験を積むために見習いとして働いている人もいます。

見習いの勤務条件は美容室によって異なるため、求人内容をよく確認し、美容室に問い合わせるとよいでしょう。

仕事体験談