美容専門学校で勉強すること

授業内容

美容専門学校では、美容師の国家試験を受けるための必修授業として「学科授業」と「実習授業」があり、昼間部で合わせて1400時間以上の履修が定められています。

学校によって多少カリキュラムに違いがありますが、美容専門学校で学ぶことは、美容師になって仕事をするうえでの基礎となるものばかりです。

美容専門学校での一般的な勉強内容は以下の通りです。

学科授業

関係法規

理美容における法令や制度、国家資格者である社会的責任などを学びます。

衛生管理

公衆衛生および感染症などの環境衛生知識、消毒方法などを学びます。

保険

皮膚、髪などについて生物化学的に学びます。

物理/化学

薬剤知識や、美容用具の物理的視点から、正しい使用方法などを学びます。

文化論

ヘア・ファッションの歴史を学びます。

運営管理

美容業の消費者への対応や、運営していく上での管理方法などを学びます。

技術理論

理美容器具の種類や目的を理解し、実務にそった知識を学びます。

実習授業

カッティング

頭髪を整え、容姿を美しくする技術を学びます。

ワインディング

パーマネントウェーブを頭髪に施し、容姿を美しくする技術を学びます。

セッティング

ローラーカールやウェーブローションなどを使用し、全体のバランスの基礎を学びます。

その他

ネイル、エステ、デッサン、着付け、シャンプーブロー、カラーリング、メイクなど、美容の基礎となるものを学べる学校もあります。

ただし、これらは体験程度に用意されている場合が多く、基本的には国家試験の項目である、「実習授業」「学科授業」をメインとして学んでいきます。

学校によっては海外研修制度も用意されているようです。

仕事体験談