美容部員になるための学校(大学、専門学校、スクール)

特別な学校に通う必要はなし

美容部員になるために、通わなければならない学校というものはありません。

特別な資格が求められるわけでもなく、まったく美容の専門知識がないまま化粧品メーカーへ就職する人も大勢います。

ほとんどの企業では入社後に新人研修がありますから、業務に必要な知識などはそこで身につけることができます。

ただし、もし「少しでも早めに美容部員に必要な知識やスキルを身につけたい」「できるだけ有利に就職したい」という気持ちがあるのなら、以下のような学校に通うことを考えてもよいかもしれません。

美容専門学校

美容部員になろうとする人が進学する学校として最も代表的だといえるのが、美容関連の専門学校です。

そこには美容部員だけでなく、メイクアップアーティスト、ネイリスト、ブライダルスタイリスト、エステティシャンなど、美容に関わるさまざまな職業を志す人が集まってきます。

美容部員向けの学科やコースとしては、「ビューティーコンサルタント科」「美容学科」「トータルビューティー科」といった名称のものが一般的です。

美容の基礎からメイクテクニック、エステ技術、ホスピタリティなどまで幅広く学びます。

専門学校に通うメリット

美容専門学校では「就職」を強く見据えたカリキュラムが組まれており、現場に出てすぐ活躍できるよう実践的なことを学ぶことができます。

また、美容関連の資格取得を目指した授業が行われることもあります。

就職サポート体制も充実しており、化粧品メーカー系列の専門学校であれば、グループ企業への就職をあっせんしてもらえるでしょう。

大学・短大

あまり数は多くありませんが、全国の大学・短大のなかで「美容」に関する学科を置く学校も存在します。

芸術系や服飾系の学部、生活文化系の学部をチェックしてみるとよいでしょう。

美容部員に関連するカリキュラムを置く大学や短大は専門学校に比べて選択肢が少ないですが、大卒や短大卒の学歴がほしい人には向いているといえるでしょう。

スクール

民間のスクールでも、美容部員に必要なメイクテクニックやカウンセリングスキルを身につけられるところがあります。

スクールは3ヵ月~6ヵ月程度のカリキュラムで構成される場合が多く、短期間でポイントだけ学びたいという人には適しています。

スクールによって、就職サポート体制や講義の内容、学費などが大きく異なります。