アロマセラピストの就職・求人募集状況

アロマセラピストを募集する企業

アロマセラピストの募集を行う企業は、リラクゼーションやマッサージを行う店舗、アロマグッズ販売店などが大半を占めています。

また近年では医療関係施設や一般の企業などでも、待合室やリフレッシュルームなどにリラックス効果のあるアロマを使うなど、アドバイザーとしてアロマセラピストを採用するところも増えてきています。

アロマセラピストの求人条件

どの企業も学歴は高卒以上で、風紀上の理由から女性のみを募集しています。

雇用形態は正社員、契約社員、業務委託がほとんどで、派遣社員の募集はごくまれであることが特長です。

資格については、一般的に求人が出される企業の場合、とくに有資格者であることを条件にしていることは少ないようです。それよりも、経験者が優遇される傾向にあります。

有資格者が優遇されない理由は、日本ではアロマセラピストはさまざまな法人が運営している民間の資格であるため、「この資格を持っていればこのくらいのスキル」という基準が定かではないことによります。

それよりも、実際にお客さんと接して現場で場数を踏んできた経験者の方が即戦力として役立つという企業の考えなのでしょう。

ただし経験者であっても、その店舗ならではの施術方法などを習得するため、研修を受けてから接客をスタートする形になります。

アロマセラピストの資格は就職時の役に立たない?

本格的なアロマテラピーを行う企業や店舗は資格取得スクールと提携していて、そのスクールの卒業生の中から採用を決めるパターンが大半を占めているため、広く求人募集をかけないことが多いようです。

社員として本格的なアロマテラピーを実践したいと考える人は、就職サポートが手厚いスクールを選んで通い、資格を取得するのが得策です。

また、資格は企業への就職の時には役立たないように思えても、独立・開業をする際には確かな知識とスキルを身に付けていることの証明になるため、いずれは独立したいと考える人は取得しておいて間違いありません。