アパレル店員の志望動機・面接

「洋服が好き」を超えた志望動機を考える

アパレル店員を目指す人は、誰しも洋服が大好きであるはずです。

だからこそ、志望動機を「洋服が好きだから」だけで済ませてしまうと、みんな同じような内容になってしまい、インパクトが弱いものとなっていまいます。

アパレル店員の仕事は、お客さまに対する「サービス」の要素が強く、また商品管理や売り場のレイアウトなど、裏方としての業務もたくさんあります。

志望動機に正解はありませんが、アパレル店員の幅広い業務内容を理解したうえで、「洋服が好き」からさらに一歩、二歩踏み込んだ内容を考えることが大切です。

受験する企業(ブランド)について詳しく調べておく

また、志望動機を考える際には「なぜ、その会社(ブランド)を志望するのか?」ということを明確にしておくとよいでしょう。

採用試験ではたいてい面接が行われますが、「なぜ、世の中にたくさんあるアパレル店の中でここがいいのか?」といったことは、たいていの場合において聞かれるはずです。

実際には、洋服が好きで、どのお店でもいいから働きたいと考える人もいるかもしれません。

しかし、ブランドによって扱う洋服のコンセプトやテイスト、ターゲット層などは異なるため、それらの情報をきちんと調べたうえで、志望動機の一部としてまとめるのがよいでしょう。

どんな店員になりたいかをイメージ

面接では、将来に対するイメージがしっかりと湧いている人は採用されやすいでしょう。

漠然とでもいいので、「どんな店員になりたいのか?」自分が目指す姿を考えておくことが大事です。

もし憧れの店員さんがいれば、その人の働きぶりを見て考えてみるのもいいかもしれません。

アパレル店員は立ちっぱなしの仕事ですし、ときにクレームを受けることもあるなど、ただ楽しいだけの仕事ではありません。

軽い気持ちではないということをアピールするためにも、仕事に対する熱意や真剣さを伝えようという前向きな気持ちで、面接官に自分の想いを伝えることが大切です。

志望先のことをよく調べ、このように働きたいという考えを自分の言葉にすることができれば、他の人とは違うオリジナリティある志望動機ができることでしょう。

仕事体験談