建設会社社員に必要な資格やスキルはある?

建設会社で働くのにおすすめの資格は?

建設会社で働く際には、担当業務によってさまざまな資格が必要になります。

なかでも、「施工管理技士」や「技術士」、「建築士」、「建築設備士」といった資格が代表的であり、スキルアップやキャリアアップのため、研修などを受講しながら取得を目指していくことになります。

転職活動などを行う際にも、資格をもっているのともっていないのとでは、待遇面などに大きな違いが生じますので、建設業界で働くなら、資格は積極的に狙っていくべきです。

以下では、職種ごとにとくにおすすめの資格について、いくつかご紹介します。

なお、これらの資格の大半は、試験を受けるためには実務経験が必要になります。

新卒採用の時点では、なんらかの資格が求められることはありませんし、そもそも就業経験のない学生では、取得自体不可能であるものがほとんどです。

中高生や大学生など、社会人以外の人については、資格の勉強よりも、現在の学業に励むことが、就職への近道となるでしょう。

建設会社の土木系職種に有利な資格・スキル

土木系職種で最も代表的といえる資格は、「土木施工管理技士」です。

施工管理技士は、工事の計画を立てたり、職人に対して指示するなど、工事現場で責任者を務めるための国家資格であり、工事現場ごとに資格保有者を配置することが法律で義務付けられています。

土木以外にも、建築や建築設備、電気工事など、全部で7種類です。

7種類それぞれに、扱うことのできる工事規模の違う1級と2級があります。

資格を取得するためには、実技試験と筆記試験の両方に合格することが必要ですが、このうちの実技試験を受けるには、学歴に応じた数年単位の実務経験を積むことが条件となっています。

取得難易度は高めですが、現場監督をつとめられる土木施工管理技士の保有者は、どこの企業でも非常に優遇されるでしょう。

一般財団法人全国建設研修センター 技術検定試験

土木施工管理技士の仕事

建設会社の建築系職種に有利な資格・スキル

建築系職種におすすめの資格としては、施工管理技士のなかの「建築施工管理技士」に加えて、「建築士」が挙げられます。

参考:一般財団法人建設業振興基金 施工管理技術検定

建築士は、建物の設計業務と工事現場における監督業務を手掛けられる資格です。

資格には、1級、2級、木造の3種類があり、施工管理技士と同じように、扱える建物規模や構造が異なります。

2級と木造の資格については、大学や専門学校の建築科に通って指定された科目を履修した人については、卒業と同時に受験資格が得られます。

参考:公益財団法人建築技術教育普及センター 資格試験

入社時点で受験資格を満たせば、1年目から建築士資格を生かして活躍することも可能なので、キャリア形成上、大きなアドバンテージとなるでしょう。

また、建築士資格までは難しくても、コンピュータで図面を作成するためのCAD(設計製図支援ソフト)に関するスキルがあれば、非常に有利となります。

建築士の仕事

建設会社の事務系職種に有利な資格・スキル

事務系職種を目指す場合、「宅地建物取引士(宅建)」「衛生管理者」「建設業経理検定」といった資格があると有利です。

参考:一般財団法人不動産適正取引推進機構 宅建試験
参考:厚生労働省 衛生管理者について教えて下さい。
参考:一般財団法人建設業振興基金 建設業経理検定

宅建士の仕事

建設会社の事務系はかなり幅広い職種があります。

用地取得などの不動産関連であれば宅建、労務であれば衛生管理者など、目指すべき資格も変わります。

宅建と建設業経理検定については、実務経験は不要であり学生でも受験可能です。

将来やりたい仕事が明確に定まっているという人については、就職前にチャレンジするとよいでしょう。