医師の就職先の種類・活躍の場

医師の勤務先と仕事内容

医師の代表的な勤務先は、さまざまな医療施設です。

医療施設には、大学病院や個人の病院、クリニックや診療所などがあります。

医師が働く医療施設以外の場所には、大学などの教育研究機関や行政機関、高齢者向けホームや介護老人保健施設などがありますが、こちらはまだまだ少数派です。

大学病院で働く医師は雇われの立場であり、出身大学の医局からの人事によって系列病院に勤務先が変わることがあります。

一方、独立・開業して自分で診療所やクリニックを経営していく医師も多くいます。

医師の仕事内容

病院で働く医師

医療機関には「病院」と「診療所」がある

私たちが利用する医療機関は、「医療法」という法律によって「病院」と「診療所」の2種類に明確に分けられています。

病院と診療所の違いは、患者さんが入院できるベッドの数によります。

患者さんが入院できるベッドの数が20床以上ある医療機関を「病院」と呼び、19床以下の医療機関を「診療所(クリニック)」と呼びます。

小さな診療所にはベッドがない場合も多々あり、それは入院ができない医療機関であることを意味します。

このように入院ベッドのない医療機関で勤務する医師と、入院患者さんがいる病院では、勤務する医師の働き方にも違いが出てきます。

大きな病院は担当科が細かく分かれている

医師の最も代表的な就職先は、大小さまざまな医療機関です。

そこでは患者さんと向き合い、診察や治療、手術やリハビリテーションなどを担当します。

ただ、複数名の医師が在籍しない小さい病院では、一人の医師がいろいろな病気や怪我を見ることがよくあります。

一方、大きな病院では細かく専門科が分かれています。

例を挙げると、「内科」「外科」「産婦人科」「泌尿器科」「小児科」「産婦人科」「麻酔科」「眼科」「耳鼻科」「皮膚科」「整形外科」「形成外科」「精神科」などがあります。

また内科のなかでも「呼吸器内科」「循環器内科」「消化器内科」のように、さらに細分化されていることもあります。

臨床医の世界では、一度専門を決めるとその道をずっと究めていくのが一般的ですが、途中で専門分野を変えることも可能です。

臨床から研究をメインに変えたり、研究医が臨床医に戻ったりということもあるようです。

研究機関や企業で働く医師

臨床医以外にも、研究職として働く医師がいます。

研究医の就職先はおもに大学などの研究機関になり、実験や利権、症例などのデータの収集をして学会で発表することで医学の発展に貢献します。

このほか、献血者や健康診断の受診者を診る「検診医」や「健診医」もいますし、特定の会社で社員の健康を守るために働く「産業医」と呼ばれる医師もいます。

産業医は、基本的に大企業の社員として勤務する医師になりますので、会社員というくくりでみることもできます。

このように、医師免許を持っていながら会社員になる道を選ぶ人もいます。

たとえば医療や薬に関係する企業で働いたり、医療分野に強いジャーナリストとしてマスコミで働いたりします。

また、大学や専門学校の教授や講師として教鞭をとる医師もいます。

医師の活躍の場は、実に幅広い分野におよんでいます。