物流企業社員の給料・年収

平均年収

物流企業社員の平均年収は、450万円前後といわれています。

他業界の企業と同様、個人の経験や年齢、スキルによって年収に差が出るのはもちろんですが、輸送するモノの種類や、職種によっても違いが出てくるようです。

物流業界ではドライバーなど実際の輸送業務に携わる人がたくさんおり、そうした仕事は比較的年齢の若い人が就くケースが多いといわれ、キャリアが浅いことから年収がそこまで高くなりにくいようです。

一方、ある程度の年齢に達し、キャリアを積んでいくと、物流の管理業務やマネジメントに携わる人が増え、年収も高まっていく傾向にあります。

なお。、物流業界は年功序列の企業も多いといわれており、同じ会社で長く働いていけば少しずつ年収は上がっていくでしょう。

ただし、役職に就かない場合、ある程度のところで給料が頭打ちになることも考えられます。

業態によって年収にも違いが

物流企業は、会社ごとに事業内容が異なります。

企業同士のモノの取引を扱う物流企業もあれば、個人向けの配送を中心に行っている企業もあり、前者のほう給与水準は高いといわれています。

また、空輸や海運を中心とした事業を展開する企業は年収水準が高めといわれており、700万円以上に達するところもあるようです。

年収アップを目指すには

物流企業で年収アップを目指していくには、まず同じ会社に長く勤めることが考えられます。

さらに、役職についてマネジメント業務に携われるようになると、収入を大きく上げやすくなるでしょう。

また、企業によって平均年収にはだいぶ差が出ており、大手企業はやはり給与水準が良いところが多いようです。

物流業務の経験を積み、そこで培ったスキルを強みに転職をし、年収アップを成功させている人もいます。

また、会社によっては「フォークリフト免許」「通関士」「運行管理者」「貿易事務」関連の資格を持っていると、プラスに評価されることがあるようです。