物流企業社員の志望動機、面接

物流企業の役割を理解する

物流企業で働くための志望動機を考える際には、まず、物流業界の役割を理解しておくとよいでしょう。

「ありとあらゆるモノを運び、届ける」ことが物流業界における代表的な仕事内容となりますが、そのなかにはモノを倉庫で保管したり、荷物の回収を行ったり、梱包やラベル貼り、さらには物流に関する情報の管理など、多岐にわたる業務が含まれてきます。

こうした業務を通じて物流企業が正しく機能することによって、モノはしかる場所へと確実に届けられ、そして私たち生活者がモノを手にすることができるのです。

物流は、社会を下支えしている重要な仕事であり、電気・ガス・水道といったインフラと同様、必要不可欠なものであるといえます。

このような社会的貢献度の高さ、責任の重さに対して魅力を感じ、物流企業への就職を目指す人は多くいます。

志望動機を考えるポイント

物流企業といっても、会社ごとに扱うモノの種類は異なり、具体的な事業内容も異なってきます。

志望先がどのような事業を展開しているのかは、最初によく研究しておくことが大事です。

そして、数ある物流企業のなかで、その会社を志望する理由を明確に伝えられるようにしておきましょう。

また、志望職種によっても志望動機の内容は変わってくるでしょう。

新卒採用であれば「総合職」として、営業や管理など多様な業務に従事する可能性があるため、まずは物流業界のことをよく理解したうえで、その会社でどのような仕事に挑戦したいか、どう貢献していきたいかを考えることで、志望動機も見えてくるでしょう。

面接のポイント

物流企業の面接は、志望者の多い大手企業の場合、1次や2次面接では集団面接となるケースが一般的です。

自己PR、志望動機、学生時代の部活動やサークル活動、アルバイト経験について、趣味・特技など、一般的な内容を聞かれることが多いようです。

選考が進んでいくと、複数の面接官に対して自分1人の面接が行われるケースが多く、志望動機についてより突っ込んだ問いかけがあったり、その会社や業界についての理解度を問うような質問がなされることもあります。

漠然とした姿ではなく、具体的にその会社でどう働いていきたいのかを明確にイメージしておくことが大事です。

物流企業の面接や志望動機に自信が持てない人は、新卒の場合はキャリアチケットを利用して、対策を無料で受けることが可能です。

累計利用者数6万人という実績を誇るキャリアチケットでは、物流企業に詳しい担当者による志望動機の添削や、グループ面接や1対1の面接の対策をしてくれるため、内定獲得率をアップさせることができます。