物流企業社員の仕事、業務内容

モノを場所から場所へと安全に輸送する

物流は、私たちが暮らしていくうえで必要不可欠なものです。

コンビニやスーパーにいけば、食品や日用品などありとあらゆる商品が売られていますが、それらは製造を行うメーカーから、「運ぶこと」を専門に行う物流企業の手によって各店舗へと運ばれているのです。

「モノ」があるところには、すべて物流が絡んでいるといっても過言ではなく、モノを「出す人」と「受け取る人」が存在する限り、物流企業が必要とされています

物流の機能とは

「モノを運ぶ」といっても、ただトラックなどに荷物を載せて運ぶだけが、物流企業の仕事ではありません。

私たちの身近にあるさまざまな製品は、製造後、倉庫に保管され、小売店などの各拠点へと配送され、そして私たち消費者の手に渡ります。

物流は、大きく分けると「保管」「荷役」「流通加工」「包装」「輸送(配送)」「情報」の各要素で成り立っています。

保管

製造した製品はすぐに運ばれるとは限らないため、輸送時期がくるまで巨大倉庫で荷物を安全に保管します。

食品など品質が劣化しないような環境での保管が求められます。

荷役

輸送機関からの荷物の積み下ろしや、倉庫への入出庫などを行うことです。

流通加工

製品へのラベル貼り、値札づけ、商品のセット組みなどを行います。

包装

製品を、梱包材や包装材で包むことをいいます。

輸送

一般的な「物流」のイメージ通り、自動車、鉄道、船舶、航空機などの輸送機関を使ってモノを運ぶことをいいます。

情報管理

ITを用いて輸送中の荷物を追跡したり、輸送中の製品の状態を確認・記録します。

物流企業の業務は幅広い

上記の業務が物流企業におけるおもな業務内容となりますが、会社によってはその一部分だけを手掛けていることもあります。

物流企業で働く社員たちは、ここで挙げてきた各業務に役割分担をして携わっています。

なお、物流企業の活躍のフィールドは幅広く、宅配便のような個人宅への配送をはじめ、企業間で行われる大規模な貨物輸送や、大型機械の保管なども、物流の一部分となります。

いずれにしても、私たちの日常生活に欠かせない多くのモノが、見えないところで物流の機能を通って手元に届いているということがいえます。

また、物流は国内だけのことではなく、世界中とモノのやりとりを行ううえでも不可欠なものです。

私たちが世界中で作られたものを手に入れることができるのも、物流企業社員の活躍があってこそといえます。

「物流企業の仕事が自分に適しているか知りたい」「物流企業の幅広い仕事内容について詳しく聞いてみたい」という場合は、キャリアチケットという新卒を対象としたサービスを利用しましょう。

キャリアチケットでは、物流企業への適性についてのアドバイスや、面接対策や志望動機添削なども無料で行ってくれます。