物流企業社員のつらいこと、大変なこと、苦労

社会に対する影響力の大きさ、責任の重さ

私たちの身の回りにあふれるありとあらゆるモノは、物流のおかげでそこにあるといっても過言ではありません。

過去、大震災が発生した際には一時的に物流がストップし、食品や生活用品をはじめ、さまざまなモノが購入できなくなってしまったように、物流は私たちの生活を下支えする、必要不可欠なものであるといえます。

こうした社会的責任の重さ、人々の生活に与える影響力の大きさに触れると、大変な仕事をやっているのだと感じることがあるでしょう。

見えないところで、つねに完璧が求められる

物流企業が扱うモノはさまざまですが、いかなる場合でも、お客さまから預かった大事な商品を、現地まで安全かつ確実に届けていかなくてはなりません。

モノはそのままトラックなどに載せて運ぶだけではなく、輸送中に荷崩れが起こらないような方法を考えたり、期日に間に合うルートを考えたりと、さまざまな条件を照らし合わせながら、頭の中でベストなプランを考えていく必要があります。

あまり目立つ仕事ではなく、表からは見えないところも多々ありますが、そうしたなかでもコツコツと自分の仕事に一生懸命に取り組んでいく姿勢が求められます。

そして、モノが確実に届かなければ会社の信用問題にも関わってしまうため、つねに完璧を目指さなくてはなりません。

関わる人の数が多い

物流企業では、ひとつの案件を完了させるために、じつに多くの人が関わっていきます。

社内では日々、受注や荷受け担当、荷物の積み下ろしをする作業員、ドライバーなど、それぞれが協力をしながら、その案件を無事に終わらせるために動いています。

また、海外と荷物のやりとりをすることになれば、外国の人たちとの関わりも出てきます。

物流企業では、多様な立場の人との調整や交渉事も多くなりがちで、事前計画を立てていても、自分の思惑通りにはなかなか進まないこともあるのがこの仕事で大変なところだといえるでしょう。