物流企業社員になるには

物流企業への就職を目指す

物流企業社員として働くには、学校を卒業後、物流企業への就職を目指す必要があります。

大手企業や、ある程度の規模がある企業では定期的な新卒採用を実施し、若手の育成に取り組んでいます。

そこでは、営業や物流管理・運営、IT、総務・人事といった管理部門のように「総合職」として募集されることが多い仕事では、一般に「大卒以上」の学歴が求められてきます。

ドライバーや作業員、事務職であれば「学歴不問」の募集も多いようですが、とくに大手物流企業で、物流業務に関する管理や技術、営業職などを志望する場合は、基本的に大卒であることが求められてきます。

たくさんの物流企業がある

なお、物流企業は数が多く、たとえば他業界に分類される大手メーカーのグループ会社として物流事業を手掛ける企業もあります。

また、日本国内だけでモノを運ぶのではなく、国内と海外でモノをやりとりする「国際物流」ビジネスを手掛ける物流企業もあります。

そのなかでは「フォワーダー」といい、自社では輸送を行わず、荷主から貨物を預かって他業者の運送手段を用い、運送を引き受けるような物流企業も存在します。

物流業界では一部の有名企業だけに注目が集まりがちですが、じつはたくさんの企業があり、会社によって事業内容や特色も異なります。

物流業界に興味がある人は、ぜひ多様な会社について調べてみるとよいでしょう。

さまざまな業務がある

モノをある場所からある場所へと安全かつ確実に運ぶ物流企業の仕事は、受注、保管、荷役、梱包、輸配送、流通管理、品質管理など多岐にわたります。

総合職として採用される場合、会社の状況や個人の希望・適性などに応じて、さまざまな仕事に就く可能性があります。

基本的に、就職の時点で特別な知識や資格は求められない仕事であることから、入社後に各部署や現場で仕事を覚え、スキルアップを目指していくことになるでしょう。

新卒の場合はキャリアチケットというサービスを利用することで、物流業界のそれぞれの会社ごとの業務内容を教えてもらえたり、志望動機の添削や、面接対策をしてもらうことが可能です。

キャリアチケットは、「累計6万人以上が利用し、内定率80%」、「最短3日で内定を獲得できる」など、利用するメリットが多いサービスであるため、上手に活用しましょう。