野菜ソムリエの仕事内容

野菜のスペシャリスト

2001年から、「日本野菜ソムリエ協会」が始めた民間資格です。当初は「ベジタブル&フルーツマイスター」という資格でしたが、メディアなどで「野菜ソムリエ」という通称で紹介されるようになりました。

混乱を避けるため、2010年より「野菜ソムリエ」の名前で統一されています。

協会が主催する養成講座を受け、野菜や果物に関する、ありとあらゆる知識を学んだスペシャリストが、野菜ソムリエです。あくまで資格の名前なので、「野菜ソムリエ」という職業があるわけではありません。

多くの人が、さまざまな場所で、資格を生かした活躍をしています。

野菜にかかわる仕事

もともと、この資格は八百屋などの「青果販売業者」向けに生まれたものでした。野菜不足が深刻化する日本で、いかにしてお客さんに野菜の魅力を伝えられるか?というところからスタートしたのです。

そのため、スーパーの青果コーナーにつとめる人や、卸業者、野菜農家など、野菜の生産と販売にかかわる仕事には、当然ダイレクトに役立つ資格です。

食にかかわるすべての仕事

そのほか、野菜ソムリエの知識は、食に関係するすべての仕事に役立ちます。レストランやカフェなどの飲食店、クッキングのインストラクターはもちろん、調理師や栄養士のさらなるスキルアップにもつながります。

また、食にかかわるすべてをプロデュースする「フードコーディネーター」や、子どもたちに食べることの大切さを伝える「食育指導士」とも関連があるでしょう。

体の内側からもキレイを追求する美容関連の仕事や、食に関する記事を書くライター、食品企業における商品開発など、野菜ソムリエの活躍の場は多岐にわたっています。