野菜ソムリエの需要・現状と将来性

野菜ソムリエの現状と需要

野菜ソムリエは、国家資格ではないにも関わらず、世間での知名度が非常に高いことが特徴です。

最近では、海外からも資格取得に向けた講座を受講する人が増えているようです。

もし食品業界への就職を希望するなら、この資格は持っていて損はないでしょう。

また、できれば「野菜ソムリエ」のひとつ上位資格である「野菜ソムリエプロ」まで取得すると、職業としての野菜ソムリエの能力を示しやすくなるでしょう。

しかし、野菜ソムリエはあくまでも民間資格であるため、求人を見ても「有資格者募集」といった表示までは、なかなか見かけないかもしれません。

野菜ソムリエの資格がなければできない仕事というのはないいため、資格があるからといって必ずしも就職・転職に有利になるとは限りません。

あくまでも自己アピールの材料のひとつになるというのが、現状といえそうです。

野菜ソムリエの将来性

メディアで取り上げられる機会も増え、野菜ソムリエの認知度は年々増しているといえるでしょう。

飲食業や農業の現場はもちろん、人の健康に直結する医療現場や教育現場、地域活性化のための団体、その他にも多岐にわたる領域で野菜ソムリエとしての知識・スキルを生かせる可能性があります。

世間の健康志向の高まりも追い風となり、野菜や果物をもっとおいしく、健康的に食べる方法を提案できる野菜ソムリエは、今後さらに需要が増していくと考えられます。

野菜ソムリエは比較的新しい職業で、将来性は十分にあるといえます。

野菜ソムリエが集まって情報共有をするコミュニティも増えているため、資格取得後はそうした場を活用しながら、自分がどのように活動していくかを考えていくとよいでしょう。

野菜ソムリエの今後の活躍の場

「食の安心・安全」が問われている今、食品や飲食業界では、顧客の信頼を獲得するためにも、野菜ソムリエを積極的に採用する職場が増えています。

野菜ソムリエたちにとっても、その知識を生かして任される仕事が今後さらに増えていくのではないかと思われます。

ただ、この資格を取ったことで必ずしも就職に有利になるわけではなく、安心できるわけでもありません。

つねに自分を高めることは必要です。

たとえば食に関係する他の資格や各種免許を取ったり、マーケティング関連の勉強なども並行して、仕事の幅を広げている人もいるようです。

野菜ソムリエの資格をどう生かすかは、その人自身に委ねられていると考えておいたほうがよいでしょう。