野菜ソムリエに向いている人・適性・必要なスキル

野菜ソムリエに向いている性格・適性

食に関連する仕事がしたい人

野菜ソムリエの資格を取得することによって、食に関わるさまざまな仕事で生かすことができます。

具体的には、以下のような仕事が挙げられます。

・農業関係
食品メーカー
・八百屋やスーパーマーケット
飲食店全般
調理師管理栄養士
・料理教室の講師
・食育関連の講師

野菜ソムリエは、野菜・果物の幅広く深い知識を持つスペシャリストなので、食に強い興味関心があり、その知識を何かの仕事に生かしていきたいと考える人に向いています。

野菜・果物の知識を生活に生かしたい人

野菜ソムリエとして身につけた知識は、毎日の生活にも役立ちます。

「良い野菜の見分け方や正しい保存方法を知りたい」「家庭菜園を上手にできるようになりたい」「自分や家族の健康のために食事にこだわりたい」「ダイエットや美容に気を遣いたい」など、野菜ソムリエの資格を取得するきっかけは、いろいろなものが考えられます。

野菜・果物を通じて健康的な食生活を送りたいという気持ちさえあれば、どのような人でも野菜ソムリエになることができるでしょう。

野菜ソムリエになるには

野菜ソムリエに必要なスキル・能力

自分で学んだことを生かす努力ができる人

野菜ソムリエの資格の知名度は急上昇していますが、その資格を持っているだけで就職・転職に大きく有利になるとは限りません。

「資格を取得した先に何をしたいのか」が重要であり、それは自分自身で考えていく必要があります。

なお、中級以上の野菜ソムリエ講座では、野菜の品目や生産から流通にいたるまで幅広い勉強が必要となります。

野菜ソムリエとして身につけた知識は、日常生活に役立たせることができるだけでなく、新しいビジネスの企画にもつながる可能性を秘めています。

チャンスはたくさんありますが、決められた道を歩むのではなく、自分で野菜ソムリエとしてやりたいことを見つけていく努力が必要になるといえます。

わかりやすく情報を伝える力

野菜ソムリエは、「野菜・果物の本当のおいしさや魅力を人々に伝えていく」という使命を持っています。

野菜ソムリエの活躍の仕方はさまざまですが、自分自身が野菜・果物を好きになることはもちろん、その素晴らしさをたくさんの人に知ってもらいたいという気持ちが不可欠となります。

また、野菜ソムリエとしての活動の中では、わかりやすく、正しい情報を伝える力が必要になってきます。

野菜ソムリエに向いていないのはどんな人?

野菜ソムリエは、「野菜や果物のことをもっと知りたい」という気持ちさえあれば、どのような人でもなることができます。

一方、食への興味関心があまりない人には向いていないといえるでしょう。

野菜ソムリエは、資格を取ったところがゴールというわけではありません。

野菜ソムリエの勉強をして身につけた知識を基に、各方面で仕事の幅を広げていきたいと考える人に向いている資格であり、資格取得後も野菜ソムリエとしてさらに知識を深めていくことが大事です。

野菜・果物について知るひとつのきっかけとして、野菜ソムリエになろうと決意できる人であれば、きっと野菜ソムリエの勉強を楽しんで続けていけるでしょう。