野菜ソムリエと栄養士の違いは?

野菜ソムリエ栄養士の仕事内容の違い

野菜ソムリエ」と「栄養士」は、どちらも食に深く関わっていく職業ですが、両者には大きな違いがあります。

野菜ソムリエとは一般的に、野菜・果物についての幅広い知識を持ち、その魅力を人々に伝えていく人のことを意味しています。

野菜ソムリエの勉強をすると、私たちが生きていくうえで不可欠な野菜の知識を深め、食関連の仕事に生かせるのはもちろんですが、食に関する仕事に従事していない人でも自身や家族の身体づくり、健康管理などを目的に野菜ソムリエになるケースも少なくないようです。

一方、栄養士や管理栄養士は「栄養のプロフェッショナル」として、病院や福祉施設、学校など幅広い場で活躍し、人々の栄養管理などに携わります。

もちろん、栄養学の中では野菜の栄養素も扱いますが、それだけに特化せず、あらゆる食と栄養、そして人体のしくみまで総合的に知識を持ち、人々の健康づくりのお手伝いをするのが栄養士です。

野菜ソムリエと栄養士・管理栄養士の資格を併せ持って働く人もいます。

栄養士の仕事

野菜ソムリエと栄養士のなる方法・資格の違い

野菜ソムリエと栄養士の違いは、資格にもあらわれています。

「野菜ソムリエ」は日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格なのに対し、「栄養士」は都道府県知事の免許を受けることで得られる公的な資格です。

また栄養士の上位にあたる「管理栄養士」は、国家試験の合格が必要な国家資格にあたります。

野菜ソムリエの場合、日本野菜ソムリエ協会が実施する養成講座を受講・修了して試験に合格することで資格が得られます。

一方、栄養士や管理栄養士の資格取得には専門学校や短大、大学で栄養士や管理栄養士の養成課程を修了する必要があります。

野菜ソムリエの初級資格の講座では最短2日でカリキュラムが終了するのに対し、管理栄養士は長ければ大学で4年間学ばなくてはなりません。

栄養士あるいは管理栄養士は、単純に資格取得までの道のりは野菜ソムリエよりもだいぶ長いものとなります。

野菜ソムリエと栄養士の資格・必要なスキルの違い

野菜ソムリエの資格は、日本野菜ソムリエ協会が実施する野菜ソムリエ講座を受講し、修了することで取得が可能です。

カリキュラム終了後には試験が行われますが、初級レベルであれば、テキストを復習し、授業で学んだことをきちんと頭に入れていれば合格は決して難しいものではありません。

実際、講座修了者のほとんどの人が合格しているようです。

一方、栄養士の資格は、厚生労働大臣が指定した大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修了し、卒業することで得られます。

これらの学校を卒業すれば、無試験で都道府県知事から免許証が交付されます。

また、上位資格となる管理栄養士を目指す場合には、高校卒業後に4年制の管理栄養士養成課程を修了し、国家試験への合格を目指すのが一般的なルートとなります。

管理栄養士には栄養学に関する専門的な知識が求められ、さらに調理技術や衛生から人体、病理学などの医学的な内容、食育、給食経営など幅広く学ばなくてはなりません。

野菜ソムリエと栄養士の学校・学費の違い

野菜ソムリエになるために通う日本野菜ソムリエの養成講座は、日本各地で開講されており、資格のレベル別に学費が異なってます。

初級の「野菜ソムリエ」は148,000円、中級の「野菜ソムリエプロ」は320,500円(すでに野菜ソムリエ資格を持っている場合は172,500円)、そして上級の「野菜ソムリエ上級プロ」は270,000円です(それぞれ税込・初回試験料等含む)。

栄養士の学校は、2年制の私立短大や専門学校であれば年間100万円から150万円程度の学費が相場となっています。

管理栄養士の学校になると、4年制の私立大学で、卒業までに400万円~600万円程度は必要になるでしょう。

野菜ソムリエと栄養士の給料・待遇の違い

野菜ソムリエの活躍の場や働き方は人によってだいぶ異なるため、給料・待遇を一概にいうのは難しいところがあります。

基本的には、野菜ソムリエの資格をとったからといって、それがすぐさま収入に反映されることは少ないでしょう。

野菜ソムリエの資格は、食に関連する仕事でより素晴らしいサービスを提供したり、新しい商品の開発に役立てたりするために取得する人が多いです。

野菜ソムリエのなかには、資格をフルに生かして独立し、料理研究家として食に関する情報を発信したり、新しい時代の八百屋を開業したりするような人もいます。

活躍の仕方によっては高収入を得ることも可能ですが、自分自身で努力し、道を切り開いていく努力が求められるでしょう。

一方、栄養士の平均年収は250万円~400万円程度がボリュームゾーンとされています。

ただし、勤務先によっても給与水準に差が出ており、専門性が求められる病院勤務の栄養士はやや高い給料が望めるようです。

より高い収入を求めるのであれば、上位資格である管理栄養士の取得を目指すとよいでしょう。

公務員の栄養士や管理栄養士になれば、公務員としての安定した待遇も期待できます。

野菜ソムリエと栄養士はどっちがおすすめ?

野菜ソムリエと栄養士は、どちらも食に関する知識を持って活躍できますが、野菜・果物に焦点を当てている野菜ソムリエに対し、栄養士のほうがより幅広く「食」に関する知識を身につける必要があります。

また、栄養士は病院や老人保健施設で働くケースも多く、何か病気を抱えていたり、健康上の不安がある人に対しての栄養管理や調理にも携わることが多いです。

とくに栄養指導に携わりたい場合には、栄養士および管理栄養士の資格取得を目指していくことをおすすめします。

一方、野菜ソムリエは、自分次第で多方面に資格を生かすことができます。

野菜や果物のおいしさや魅力を世の中に広く伝え、その知識を生かして新たなビジネスを作っていくこともできます。

なお、すでに栄養士として働いている人が、さらに野菜ソムリエの資格を取得して、食に対する知識の幅を広げていくケースもあります。

それぞれの仕事や資格は関連している部分もありますので、自分が将来やりたいことや資格の内容をよく調べて、自分の進むべき道を考えていくとよいでしょう。