ウエディングプランナーの転職、中途採用

近年、ウエディングプランナーへの転職を希望する人が増えています。

同じサービス業から転職する人のみならず、一般企業に勤めていたり、飲食業などに従事していた人がこの仕事をめざすこともあります。

では、多くの人が転職を希望する理由は、いったいどのようなものなのでしょうか?

やりがいを求めて転職

ウエディングプランナーに人気が集まる理由は、「やりがいがある」と思われているためです。

新郎新婦の特別な一日のためにゼロから式をプランニングして、「最高の式を創り上げたい」という純粋な想いでひたむきに働き、最後には新郎新婦からの「ありがとう」の感謝の言葉を受け取ることができる…。

ときには感動して一緒に涙することもありますし、式が終わって何年も経ってからも「子どもが生まれました」という嬉しいご報告を頂くこともあります。

家族の幸せのスタート地点に携わることができる職業だけに「こんな素敵な仕事を自分もしてみたい」と憧れる人が多いようです。

もちろん、実際には朝から晩まで休む暇もなく動き続けることもあるほどのハードワークですし、挙式は土日や祝日に集中するため、カレンダーの暦通りに休むことはできません。

給料や福利厚生の面で決して高待遇とはいえない職場もあります。

それにも関わらず、転職希望者が増えている背景には「仕事をやり遂げたときの大きな達成感」があるからでしょう。

専門性を求めて転職

もうひとつ、転職希望者に人気がある理由は、ウエディングプランナーが一般的な事務職や接客業に比べると専門性を磨くことができる職業だからです。

ウエディングプランナーはブライダル業界の専門知識やお客様への細やかな心配り、サービス精神がなければ務まらない仕事です。

年齢やキャリアを重ねることがより高い信頼につながるため、長く現場に立って一流のプランナーをめざす人も多くいます。

結婚や出産で退職したとしても経験者であれば再雇用されやすいという利点もあるので、女性にとってはとくに魅力的な職業といえるのではないでしょうか。

転職に有利なこと

転職を考える人の場合、たとえ短期間であっても社会人経験があるため、ある程度の一般常識やビジネスマナーは備わっているはずです。

他業種からの転職であっても、ブライダル業界のマナーの飲み込みは、新卒よりも早いでしょう。

資格に関しては絶対に必要というわけではありませんが、ウエディングプランナーに関する資格を取得しておくと転職の際に有利になることがあります。

書類選考の際にも、ライバルから頭一歩抜きんでることができるかもしれません。

また、接客業や営業職からの転職希望者は、すでにウエディングプランナーの業務に関わることを経験しているため、優遇される場合があります。

接客の仕事であればサービスやマナーなどの基礎がありますし、営業職であればウエディングプランナーの核となる「新規顧客取得のための営業」で力を発揮できます。

こういった経験がなくても、対人関係能力が高い人や企画力がある人も、十分に活躍できる仕事です。

自分の特技や経歴、人間性を生かし、ぜひウエディングプランナーへの転職を成功させてください。

仕事体験談