ホテルスタッフへ転職するには? 未経験・中途採用はある?

ホテルスタッフへの転職状況は?

異業種からホテルスタッフへの転職

異業種からホテルスタッフへ転職する人は、わりと多いといわれています。

たしかにホテルスタッフの仕事は専門的なものですが、別のサービス業(飲食や販売など)に就いていた場合、そのスキルを活かすことも十分にできる職業です。

ただし、まったくサービス業の経験がない人の場合、遅くとも30代の前半までの転職でなければ、年齢的に少々難しくなってくるようです。

スキルアップには現場経験が必要になるため、若いほどよいと考えられている部分も大きいです。

異業種からホテルスタッフへの転職を考えている人のなかには、働きながら夜間の専門学校に通い、ホテルに関する基礎知識やマナーを勉強している人もいます。

同業界内で別のホテルへの転職

よりステップアップを目指して、それまで働いていたホテルから別のホテルへと転職する人もいます。

ホテル業務を総合的にこなすビジネスホテルから専門性を身につけるためにシティホテルへ転職したり、現場で経験を積んでから別のホテルで管理職に就いたりなど、転職のパターンはさまざまです。

ホテルの仕事に必要なサービスの基本はすでに身に付いているため、同業種への転職はしやすいといえるでしょう。

ホテルスタッフへの転職の志望動機で多いものは?

ホテルスタッフへの転職を考える人の志望動機はさまざまですが、「人が好き、人を喜ばせたい」という思いは共通しています。

お客さまに喜ばれるおもてなしを提供するホテルスタッフは、人と関わるのが好きでなければ続かない職業でしょう。

そのうえで、未経験や異業種からホテルスタッフを目指す人の場合、「一度は違う職業に就いたけれど以前から憧れていた」というパターンや、「別の業界で接客を経験するなかでホテルに興味を持った」といったケースが多いようです。

また、実際にホテルを利用した際にスタッフの気配りやふるまいに感動し、自分もこうなりたいと転職を目指す人もいます。

最近ではホテルスタッフが英語や中国語などを使う機会も増えているので、語学力を生かしたいと考える人の選択肢にもなるでしょう。

ホテルスタッフの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からホテルスタッフになるには

未経験者の中途採用も多い

ホテル業界は、未経験者や他業種で働いていた人でも比較的入りやすい環境にあるといえます。

ホテルスタッフになるために特別な資格は必要ないので、未経験でも採用試験を受けるチャンスは十分にあります。

また、近年はホテルの需要が高まっているもののスタッフの離職率が高いため、多くのホテルで人材が不足しています。

そのため、未経験者であっても積極的に採用するホテルはたくさんあります。

転職エージェントを利用する

未経験や他業種を経験してからホテルスタッフになるには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

もちろん、就職を希望するホテルに直接連絡を取って面接をしてもらう方法もありますが、採用に近づくにはホテルスタッフの仕事についての十分な理解が必要であり、一人で情報を集めるのは少しハードルが高いでしょう。

転職エージェントに登録すると、自分がどういう働き方をしたいか、どんな職種に向いているか、どれくらいの年収や待遇を求めるかなど、希望をヒアリングしたうえで求人を紹介してくれます。

また、履歴書や面接ではどういったことに気をつければよいかといったアドバイスをしてくれるので、未経験者が転職する際の手助けとなります。

転職エージェントのなかには、あらゆる業界の求人を提供するところもあれば、ホテル業界やサービス業に特化した募集を扱うところもあります。

まずは複数のサービスに登録をして、自分に合ったエージェントを探すとよいでしょう。

ホテルスタッフへの転職に必要な資格・有利な資格

ホテルスタッフへ転職するために絶対に必要となる資格はありません。

お客さまに心を込めたおもてなしを提供するのがホテルスタッフの仕事なので、資格よりも気配りや経験が求められます。

ただし、転職の際に有利になる資格や、実際に働いてから役に立つ資格は存在します。

ホテルの実務業務とマネジメント業務に関する知識を測る「ホテルビジネス実務検定」や、ホテル実務や語学力を証明する「ホテル実務技能認定試験」、接客の心構えや知識を問う「サービス接遇検定」などが代表的です。

ホテルスタッフの資格

ホテルビジネス実務検定の取得を目指す場合、ベーシック2級を持っていれば即戦力として見てくれるでしょう。

ホテル実務技能認定試験は個人では申し込むことができないため、専門学校などで受験する必要があります。

また、語学力を証明するTOEICや英検、中国語検定なども役に立つでしょう。

ホテルスタッフへの転職に役立つ職務経験は?

ホテルスタッフはお客さまと接する職業なので、レストランのホールや販売職といったサービス業での実務経験があるとよいアピールになります。

接客業に就いていた場合は、自分の努力や工夫によってお客さまに喜んでもらえた経験などを具体的なエピソードとして伝えましょう。

サービス業でなくても、チームワークが必要となる仕事をしていた経歴があれば役に立ちます。

ホテルスタッフは一見すると業務が分担されているように思えますが、実際は他部所との連携によって仕事が成り立つこともよくあります。

お客さまだけでなく同じスタッフともスムーズにコミュニケーションを取ることになるため、チームで働いた経験は協調性のアピールにつながります。

また、宿泊や飲料部門といった現場スタッフではなく、管理部門で働きたい場合は、他業種であっても営業やマーケティング、管理職などの経歴があれば歓迎されるでしょう。

ホテルスタッフへの転職面接で気をつけるべきことは?

ホテルスタッフの仕事を理解しておく

未経験や他業種からの転職を考えている人のなかには、ホテル業界の華やかなイメージに憧れてスタッフを目指す人もいるでしょう。

しかし、実際には勤務が不規則だったり残業が多かったりとハードな仕事でもあります。

もちろんお客さまを笑顔にするやりがいのある仕事ではありますが、他業種と比べて離職率も高く、一部の大手のホテルを除いては常に人材が不足しているのが現状です。

そのため、応募者が「仕事を続けてくれるか」という点は、採用における大きな判断材料となります。

転職面接の際には、憧れを伝えるだけでなく、実際の業務についてきちんと理解していることをアピールするようにしましょう。

身だしなみや言葉遣いに気を配る

ホテルスタッフは、「ホテルの顔」ともいえる重要な役割を担っています。

いくら客室が快適で食事がおいしくても、ホテルスタッフの印象が悪いとお客さまの評価は一瞬にして下がってしまいます。

転職面接においても、清潔感のある髪型や身だしなみ、丁寧な言葉遣いを心がけることが大切です。

ただし、見た目の印象や敬語の使い方を気にするあまり笑顔を忘れてしまっては逆効果なので、できるだけリラックスして望めるよう練習を重ねましょう。

ホテルスタッフに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

ホテルスタッフになるのに年齢制限はありません。

とくにビジネスホテルの場合、アルバイトであれば40代〜50代の未経験者でも積極的に採用しているところも多いです。

ただし、シティホテルなどで未経験から専門職を目指すのであれば、できるだけ早めの転職がおすすめです。

シティホテルでは、いろんな部署を異動しながら適性を見極めた後、特定の職種のプロフェッショナルとして活躍するパターンが一般的です。

スキルを身につけるには現場経験が必要なので、なるべく若いうちに就職するほうがスムーズなキャリアアップが望めます。

また、交代制のシフトで不規則な勤務になるうえ、上下関係が厳しい現場も少なくないため、体力のある30代前半くらいまでの転職が現実的だといえます。

未経験からホテルスタッフの転職での志望動機

未経験からの志望動機を作成する際には、「なぜホテル業界なのか」「なぜうちのホテルなのか」といった理由を考えましょう。

ホテルスタッフはサービス業のなかでも一人のお客さまと接する時間が長く、それゆえにより丁寧でレベルの高いサービスが必要となる職業です。

こういったことを念頭に入れて他業種との違いを伝えてみてください。

また、一概にホテルといってもシティホテルからリゾートホテル、ビジネスホテル、カプセルホテルまで、形態はさまざまです。

なぜシティホテルではなくビジネスホテルを選ぶのか、なぜ他のビジネスホテルではなくうちのホテルなのか、という理由を説明できるよう、実際にホテルを利用したり、ホテルスタッフとして働いている人に話を聞いたりするのがおすすめです。

ホテルスタッフへの転職を考えている方へ

転職を考える場合には、ホテル実務技能認定検定などの英語力の高さをアピールできる資格を持っていると、有利になるケースが多いです。

中途採用でのホテルへの転職を目指す場合は、各ホテルのホームページに内の採用情報や求人サイト、もしくはリクルートエージェントなどの転職エージェントを利用するとよいでしょう。