バレーボール選手の給料・年収・収入

企業チームの選手の場合

Vリーグの選手の多くは、企業チームの社員選手か、嘱託契約選手です。

社員選手は、一般サラリーマンやOLと同様にJTや東レ、久光製薬といった母体企業の社員です。社員として就業規則を守る義務があり、営業部や総務部など、一般社員と同じく会社の部署に配属されています。

原則として毎朝、会社で決められた時刻に出社します。

会社によっては、職場の同僚に同行して営業に回ることもあるようです。しかし、Vリーグの母体企業には一流企業が多く、職場でもバレーボール優先が理解されているため、仕事といってもコピーをとったり、資料を整理したり、簡単なものが中心です。

給料は、同年代のサラリーマンの年収に、多少の手当てがプラスされた額といわれています。金額は推定ですが、主力選手でも手取りで月額20万〜40万円台といわれています。

それでも独身の間は寮生活であること、一年を通して練習と試合に明け暮れるため、あまりお金を使う機会がないようです。

また、現役引退後には会社も辞めることを考えて貯蓄をしている選手も少なくありません。

嘱託契約の選手は、会社の仕事をする必要がありません。給料をもらってバレーボールに専念すればよいため、欧米などではプロ選手とみなされています。

企業のバレーボール部は、かつて会社の福利厚生の一環として行われていました。一般社員は、バレーボール部の活躍が同じ社員として誇りでしたし、バレーボール部を応援することで社員同士一体感を持つことができました。

現在、チームの活動費はたいてい宣伝広告費として処理されています。会社としては経費節約のため、選手と社員契約ではなく、嘱託契約を結ぶケースが増えているというのが現実です。

契約は1年ごとで現役引退後の保障もなく、身分的にはアルバイトと同じといわれています。

嘱託契約選手の年収は、推定で200万〜700万円といわれています。同年代の一般会社員並みの給料をもらいながらバレーボールを続けられるのは、幸せといえば幸せです。

プロ契約選手の場合

プロ契約選手は、チームとの契約に加え、スポーツメーカーや協賛企業など複数の契約を結んでいる選手が多いです。

また、全日本メンバーに選ばれると、イベントやサイン会、バレーボール教室、テレビやラジオへの出演なども増えるため、収入もアップします。

しかし、プロ野球やJリーグの選手と比べて年収は低く、トップ選手でも推定で800万〜1000万円の年俸といわれています。