バレーボール選手になるための道のり・チーム入団時の募集資格とは?

バレーボール選手は、Vリーグに参加する企業やクラブチームに所属し、試合に出場することが仕事です。

たいていは高校や大学で活躍しチームからスカウトされるか、トライアウトを受けて入団するかのどちらかの方法でバレーボール選手となっています。

バレーボール選手になるまでの道のり

高校、大学の大きな大会で活躍する

Vリーグでプレーするバレーボール選手になるには、高校や大学の大きな大会で活躍することが必要です。

大きな大会でのプレーがVリーグのチーム関係者の目に止まれば、勧誘されて卒業後にチームに入団できる可能性が高くなります。

高校での大きな大会
  • 全日本バレーボール高等学校選手権(春の高校バレー)
  • インターハイ
  • 国体
大学での大きな大会
  • インカレ(全日本学生選手権)
  • 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会
  • 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会

また、Vリーグには「内定選手制度」という制度があり、中学、高校、大学を卒業予定ですでにチームへの加入が内定している選手は、シーズン中の1月から卒業を待たずに公式戦に出場できます。

新人トライアウトに参加する

Vリーグには新人発掘のためのトライアウトを行っているチームもあります。

たとえば、男子を代表するクラブチームの一つである「堺ブレイザーズ」はそのひとつで、毎年、新入団選手のためのトライアウトを実施しています。

書類審査による第1次選考、体力テストとスキルテストによる第2次選考があり、即戦力として期待できる選手だけでなく、将来性のある有望選手も含めて幅広い人材発掘の場としています。

クラブチームを中心に新人選手のトライアウトを行っているチームは多くあり、プロ野球やJリーグなどに比べて道が開かれています。

バレーボール選手になるまでのルート

バレーボール選手になるための学校

バレーボールの場合、高校や大学で全国大会に出場する学校はほぼ固定されています。

そうした現状を考えれば、全国大会の常連校である高校や大学へ進学するほうが有利です。

高校の全国大会常連校へ進学する道として、小学校や中学校時代に「全日本バレーボール小学生大会」や「全日本中学校バレーボール大会」などでの活躍が挙げられます。

こうした活躍があると、高校側から誘われることがありますし、強豪高校で活躍すれば強豪大学へも進みやすくなります。

一般に、強豪高校や強豪大学の指導者はバレーボールの指導力に優れ、育成法が確立されています。

高校や大学で心技体や戦術面の基礎をしっかりと指導されていれば、Vリーグでプレーすることになったときにも有利です。

バレーボール選手に向いている人

まずはバレーボールが大好きで、トップレベルでプレーできるスキルを備えていることが条件です。

そのうえで、スポーツは実力と勝負の世界ですから、厳しい競争に勝ち抜くメンタルの強さや勝負強さを備えている人がバレーボール選手に向いています。

高校や大学でトップレベルだった実力者ばかりが集まる世界ですから、Vリーグのチームに入団したあとも継続的に努力を続けて成長していく向上心も不可欠です。

日本のバレーボール界は復活へ向けて進んでいるところですから、新しい歴史を切り開いていくパイオニア精神も求められています。

バレーボール選手に向いている人・適性・必要な能力

バレーボール選手のキャリアプラン・キャリアパス

Vリーグの所属チームは通常、20名前後の選手を保有しています。

そのうちレギュラーとして試合に出場できるのは6人ですから、Vリーグのチームに入団できたとしても、チーム内で厳しい競争が待ってます。

練習や練習試合などで自分の長所をアピールし、まずは公式戦のメンバーに入ることを目指さなくてはなりません。

自分の武器をさらに磨いてVリーグで活躍を続ければ、全日本メンバーに選ばれてオリンピックなどの国際大会に出場する機会も得られます。

全日本でも活躍して有名になれば、テレビ出演やスポンサー契約といった他の仕事も増えます。

女性でもバレーボール選手になれる?

もちろん女性もバレーボール選手になることができます。

野球やサッカーはもちろん、バスケットボールでも競技人口は男子のほうが多いものの、バレーボールでは女子のほうが上回っています。

日本バレーボール協会による「各リーグ試合観戦への興味度」の調査では、Vリーグの男子に興味がある人が「13.2%」、女子に興味がある人は「19.4%」と、注目度も女子のほうが高いです。

近年は全日本女子のほうが国際大会での成績がいいこともあり、バレーボールの場合は女子のほうが人気や注目度が高い状況となっています。

バレーボール選手を目指せる年齢は?

バレーボール選手になるのに年齢の制限はありませんが、20歳前後でVリーグのチームに入団する選手が大半です。

プロ野球やJリーグと同じように、高校や大学を卒業するタイミングで入団するケースが多くなっています。

Vリーグチームの新人トライアウトの募集資格を見ると、年齢の上限は明記されていないチームが目立ちます。

とはいえ、新人選手としてVリーグチームへの入団を目指すには、現実的には20代の半ばくらいが年齢的なリミットと考えられます。

バレーボール選手になるにはのまとめ

バレーボール選手になるには、できるだけ早いうちからバレーボールの経験を積み、良い成績を残していくことが大切です。

Vリーグで活躍できる選手の人数は限られているため、厳しい競争を勝ち残っていく努力や熱意が必要です。