特別支援学校と異動

特別支援学校と異動

特別支援学校は少数の私立や国立大学付属校を除いて、都道府県管轄の学校です。ですから、基本的には特別支援学校教諭にも数年に一回の異動があります。

現行の法律では、通常の幼小中高のいずれかの免許状を持っていれば、特別支援学校教諭免許状を持っていなくても、特別支援学校で教諭として勤務することができます。(とはいえ、特別支援学校で働きたいと思っている人は、特別支援学校教諭免許状を取得しておいた方が良いでしょう。)

異動は教育委員会からの指示に従って行います。しかし、残念ながら、計画性があるとは言えない人事配置が現実です。

専門の免許状を持っていなくても勤務することができることが原因で、突然、今まで接したことがなく、知識も手薄な障害種の子どもの教育の担当になることも多くあります。

異動を見越した準備を普段から

たとえば、手話や点字などの言語の代わりになるものは、すぐに習得できるスキルではありませんし、配慮や工夫の仕方もまるきり違うこともあります。

全て身につけないと教諭として勤務してはいけない、ということはありませんが、「自分は○○障害の専門だから、他のことは関係ない」という物の見方をする人には向かない仕事でしょう。

また、特別支援学級や通級指導教室は基本的には市町村管轄です。このことから、特別支援学校で働いていた教諭が特別支援学級へ異動になることはほとんどありません。(一度県職員を退職してから再採用、という形をとります。)

ですから、特別支援学級で働く教諭の専門性の差が指摘されています。どのような形であれ、教育上何らかの配慮を要する子どもであることに変わりはないので、勤務を始めてからでも、学び続ける姿勢が大切です。

仕事体験談