特別支援学校における男性教師と女性教師の違い

男女の違いはない

男性教師と女性教師の違いですが、体育や部活の仕方が異なるため、普通の学校ほどありません。女性教師でも体育会系の人が多くいますので、仕事に違いはさほどないと思います。

特別支援学校では、体育はありますが、普通学校ほど、難しい競技はしませんし、使用するボールもゴムボールのように当たっても痛くないものを使用しています。ですから、女性教師でも十分体育は指導できます。

ただ、特別支援学校の特に、養護学校では、高校生がいる学部、高等部は、身長が高く体重も100キロ近くある生徒が多くいます。そのため、それらの生徒の対応が難しい場合は男性教師が中心に見ることになっています。

盲学校・聾学校は特に体の大きい生徒はあまりいませんし、大人しい生徒が多いので、男性教師でも女性教師でも見ることは大丈夫だと思います。

男女複数の教師でサポート

特別支援学校は基本的に複数の人で学級担任をもちます。1クラス最高9人くらいしか生徒はいません。それでも、担任は2人から3人配置しています。つまり、全ての教員が担任をもつことで手厚い支援ができるようになっています。

3人で担任をもつ場合、男性教師は1人か2人配置します。女性教師も同じく1人か2人です。ですから、クラス内でも体力のいることは男性教師が中心にします。

着替えやトイレが1人でできない生徒については、同性の教師が一緒について見ることになっています。特別支援学校では同性介助が基本です。ただ、小学生などの小さい男子児童の場合、女性教師が見ることもあります。一方で、男性教師は男子児童だけを見ることになっています。

仕事体験談