セラピストの現状と将来性

ボディ系セラピストの現状

マッサージなどを行うボディ系セラピストは、サービス提供会社の増加により、巷には数多くあふれています。そのため供給過多気味と言ってもよいかもしれません。給与面でも他の職業に比べると安いケースが多いようです。

とは言っても、セラピストは自身の技術とお客さまとのコミュニケーションによって顧客を増やしていきますから、長期展望で取り組んでいけば、固定客がつき安定収入が確保できるようになります。

しかし、これは既存店舗に勤めた場合の話で、技術を習っていきなり開業するといった場合は、ライバル店の多さから思うように運営ができず、店舗を閉めてしまうケースも多いようです。

メンタル系セラピストの現状

気功などを用いる精神系、エネルギー系のセラピストの場合はボディ系セラピストとは異なり、技術を習った後そのまま独立する場合がほとんどです。ただ、セラピストとして活動するためには、提供する技術だけでなく自己プロデュース能力に長けている必要があります。

また、ひとつのセラピーだけでは経営が成り立たず、複数のセラピー、施術を提供する場合がほとんどです。独立するセラピストは数多くいますが、開店休業状態となる場合も多いのが実情です。

心理系セラピストの現状

セラピストの中でも心理系セラピストは、心理カウンセラーとしての勉強を積めば活躍の場は多くあります。一例をあげると、NPO法人、電話やインターネットを使ったカウンセリング会社、独立開業などです。

また、大学院を出て臨床心理士の資格を取ると、企業や病院、学校などでも働くことができます。近年は心理学をきっちりと勉強したセラピストが求められる傾向があり、心理系セラピストの需要は比較的多いほうだといわれています。

セラピストの将来性

人を癒す仕事として、セラピストの仕事は今後もなくならないと考えられます。特に最近は自宅の一部屋を個人サロンとして開放する形での開業が増えてきました。

しかしその反面、未熟な技術のセラピストによるトラブルも後を絶ちません。また、業界全体として低収入のセラピストが多く、長く続けるには技術向上のための努力と、セラピストの仕事に誇りややりがいを持つことが必要になります。