セラピストに向いている人、適性

人と触れ合うのが好きな人

セラピストは人を癒す職業ですが、同時に接客業でもあります。良いセラピストになる人は、お客さまと会話をすることを楽しいと思える人です。お客さまは心身の不調を取るのと同時に癒されたいという目的を持ち、施術を受けに来ます。

その際セラピストに求められるのは、お客さまの話を聞く技術、そして親身になって向き合うということです。これは、人と触れ合うことが好きな人のほうが得意です。

心身ともに健康な人

店舗や提供サービスによって異なりますが、一般的にセラピストの仕事は体力的にも精神的にもハードな場合が多いです。また、訪れるお客さまは病気や問題を抱えている方が多く、その対応に当たるセラピストには心身ともに健康であることが求められます。

自分自身が健康であることで、初めて相手を癒すことができるのです。

人の心理に興味のある人

セラピストに必要とされるものは、傾聴スキル(話を聞く技術)です。セラピストは自分の意見を押し付けるのではなくお客さまの話を聞くことで、お客さまの抱える問題点を探ります。そのため、人の心理に興味のある人、相手の気持ちを汲み取ることが上手い人が求められます。

とは言っても、これらは経験を積むことで上達していくスキルでもあります。最初から上手くできなくても大丈夫。訓練で習得できる技術なので、特に構える必要はないでしょう。

勉強熱心な人

セラピストの技術は日々進歩しています。その中で一定の技術力を有するには、セラピスト自身が勉強熱心でなくてはなりません。ある一定の技術を身につけたからと満足するのではなく、良いものはどんどん取り入れていこうという貪欲さを持った人、勉強熱心な人が求められます。