副業・兼業のセラピスト

副業の可能性

学生ではなく社会人になってからの職業としてセラピストについて考えた場合、正社員として就職するのもひとつの方法です。

たださまざまな事情から副業でセラピストとして働く方もたくさんいらっしゃいます。

本業が別にありながらあるいはWワークでセラピストの知識や技術を身につけ、セラピストとしても活躍するということです。

セラピストは実際の経験の積み重ねによって成長する仕事で、収入が安定するまでに時間がかかる場合もありますから、副業としてはじめるのもひとつの方法でしょう。

実際の副業事例

たとえばなんらかのお店の経営者でセラピストの民間資格をとって店舗のかたわらでセラピーを行うという方がいらっしゃいます。

もともとヘアサロンやエステサロンであればお客さまにとっても運営面においてもセラピーとは非常に相性がいいといえるでしょう。

オーガニックレストランのオーナーでアロマセラピーの精油などの物販コーナーもあり、リラクゼーションスペースを併設されるという方もおられます。

テーブルマナーの民間資格取得者で自宅を開放して講座を開かれている主婦の方がさらにセラピストになるという場合もあります。

あるいはセラピーとはまったく関係がないような業種でもアイデアしだいで思いもよらない相乗効果が発揮されることもあるかもしれません。

現実的な副業事例

セラピストを副業と考えた場合、スキルの習得にある程度の費用と時間がかかるにしても、開業のために必要な初期費用は比較的安いといえますから、すでに本業が確立していれば本業での収入がたとえ少なくても地道に続けることができるのではないでしょうか。

ただ現実的にはアルバイトや業務委託でセラピストとしての賃金が安定しないためにWワークをしているという方もいらっしゃいます。

勤務地にもよるでしょうが季節的に閑散期というものがある分野ですので、その点を踏まえてもセラピストを副業としてとらえる必要が生じるのかもしれません。

いずれにしても身につけたスキルは一生ものです。さまざまなかたちでセラピストとして活躍することを目指してみましょう。