セラピストの意味とは? どんな種類がある?

セラピストの意味は、日本語に直すと「療法士」「治療師」

もともとは、英語の「セラピー(therapy)」が語源です。

最近では、様々な「療法士」がひとくくりに「セラピスト」と呼ばれています。

したがって、「セラピスト」には国家資格が必要な職業から、民間資格や無資格でも仕事を始められるものまで様々です。

この記事では、以下について解説します。

【この記事でわかること】

  • セラピストの種類
  • セラピストになるのに必要な資格
  • セラピストになるための学校の種類

セラピストを目指す方は知っておくべき内容です。

セラピストの意味とは

セラピスト_画像

セラピストとは、専門的な知識に基づいて心と体の面それぞれから人を癒す仕事に就いている人のこと。

もともと「セラピスト(therapist)」という言葉、日本語で「治療、療法」という意味を示す「セラピー(therapy)」と、「〇〇する人」という意味の接尾辞「ist」からなる言葉です。

日本語にすれば「療法士」「治療師」といった言い方もできます。

一般的には、さまざまな療法によって、人を癒やす仕事をする人のことをセラピストと呼ぶことが多くなっています。

セラピストの主な仕事内容

セラピストは理学療法士あん摩マッサージ指圧師など、国家資格を持ち病院などに勤務している人から、アロマセラピストなどサロンに勤務する人まで様々。

共通する仕事内容は「対話」と「専門知識」を通じてお客さんの心身の健康をサポートすることです。

カウンセリングを通じて施術内容を決め、施術を施します。

サロン勤務の場合は店舗の運営も重要な業務になります。

セラピストの仕事内容

セラピストの種類の考え方

かつてセラピストといえば、大きく分けると以下の3種類が一般的でした。

  • アロマテラピーなどの施術を行う「ボディ系セラピスト」
  • 精神療法や心理療法を行う「精神系セラピスト」
  • 気功や霊気などのエネルギー療法を行う「エネルギー系セラピスト」

しかし、先に挙げた通り近年はセラピストの語源「セラピー」が「治療、療法」という意味を持つことから、さまざまな種類の「治療師」や「療法士」も、すべて「セラピスト」と呼ばれる傾向にあります。

一例を挙げると、「スポーツセラピスト(運動療法士)」「フードセラピスト(食育療法士)」「ハーブセラピスト(薬草療法士)」などです。

ひとことでセラピストといっても、人によって専門分野や得意分野が異なり、多様な方法で人を癒やしています。

ここからはセラピストを大きく4種類に分けて説明します。

セラピストの種類
  • ボディ系セラピスト
  • 心理系セラピスト
  • エネルギー系セラピスト
  • その他のセラピスト

それぞれ、セラピストがアプローチする対象や手法が異なります。

ボディ系セラピスト

ボディ系セラピストは、お客さまの身体の状態を整えることで不調を改善し、癒やしを提供します。

その方法はさまざまですが、日本ではアロマテラピーやリンパマッサージ、リフレクソロジー、足ツボマッサージなどが人気です。

アロマセラピストの仕事
リフレクソロジストの仕事

なお、日本では医師でなければ医療行為は行えないため、セラピストの施術は痛みや不調の改善ではなく、癒やしを提供することがおもな目的となります。

心理系セラピスト

心理系セラピストは、人の心の問題に焦点を当て、心理的な負担を軽減すると同時に癒やしを提供します。

心理セラピストは医師ではありません。

したがって、精神疾患を持つ人への施術は医療行為になるので行うことができません。

リラクゼーションや心身の負担軽減を目的としたセラピーという位置づけになります。

日本では「心理カウンセラー」「各種精神療法士」「心理療法士」などの名称で働く人が、心理系セラピストに含まれてくるのが一般的です。

エネルギー系セラピスト

エネルギー系セラピストは、現代医学では正式に認められていない「気などのエネルギーを使う療法士」です。

手軽に資格を取ることができるため、近年人気が出ています。

しかし、世間的な認知度はまだ低く、人によっては科学的でないことから信頼できないと見る向きもあります。

その他のセラピスト

セラピストには上記以外にも多く種類があります。

下記はセラピストと呼ばれる仕事の一例です。

スポーツセラピスト(運動療法士)

アスリートや、スポーツを楽しむ人たちのために、専門知識を持ってトレーニングや心理面でのアドバイスを行っていきます。

フードセラピスト(食育療法士)

「栄養療法」を取り入れ、予防医学として普段の食生活の改善や、生活習慣病の予防のためのアドバイスを行います。

ハーブセラピスト(薬草療法士)

ハーブの効能・利用法の知識を持ち、ハーブを癒やしの立場から世の中に広めていきます。

セラピストになるには?資格は必要?

セラピストになるには資格が必須なものと、無資格でもなることが可能なものがあります。

セラピストの中には国家資格がなければ施術できない種類もあります。

この章ではセラピストの資格について解説します。

国家資格が必要なセラピストの種類

以下は国家資格が必要なセラピストの一例です。

【国家資格が必要なセラピストの例】

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • はり師、きゅう師

このような国家資格を持つと、保険診療をすることが可能になります。

ただし、専門学校や大学等で学び資格試験に合格する必要があるため、学費が数百万円かかったり、資格取得まで時間がかかったりとハードルも高いです。

理学療法士になるには
作業療法士になるには
あん摩マッサージ師になるには?必要な資格は?
鍼灸師になるには

社会人から目指す場合には通信講座や夜間学校などの選択肢もありますが、実習もあるので仕事と両立しながらの資格取得は非常に難しいでしょう。

民間資格のあるセラピストの種類

民間資格は、セラピストがサロンを開いたり病院で施術したりする際には必須になっていることがあります。

民間資格は非常に種類が多いですが、中でも有名なセラピストの資格は以下のものです。

✅ セラピストの民間資格

  • 日本アロマ環境協会(AEAJ):アロマセラピスト
  • 日本リフレクソロジスト認定機構(JREC):レギュラーライセンス他
  • 日本臨床心理士資格認定恊会:臨床心理士資格

セラピストの民間資格は各団体が開いているスクールに通い、講義を受講することで発行されるのが一般的です。

セラピストを目指す人におすすめの資格は?

セラピストの専門知識の学び方

セラピストになるためには、人の心と体に関する専門知識を身に着ける必要があり、その方法は大きく分けて3つあります。

セラピストになるための勉強方法
  • 大学・短大など教育機関で学ぶ
  • 民間のスクールに通う
  • 通信教育などで独学

ここからは、セラピストになるための勉強の仕方について解説します。

大学・短大など教育機関で学ぶ

大学や短大などで専門的な知識を数年かけて身に着けます。

例えば、企業や病院、学校で心理カウンセリングを行う臨床心理士の資格を取るには、心理学科のある大学を卒業し、その後大学院で心理学を専攻する方法が一般的です。

セラピストの種類によっては、大学や専門学校で知識を身に着けることが資格取得の条件になっていることがあります。

希望している資格について事前に情報収集しておくことが大切です。

民間のスクールに通う

民間資格によってセラピストになるためには、民間スクールに通って資格を取得するのが一般的です。

数日で資格がとれるものから2年の通学が必要な資格まで幅広く、学費も数万円から数百万円と様々。

自分がなりたいセラピストの資格とかかる費用・時間を見極める必要があります。

手軽に取得できる資格を取得してから、複数の資格取得を目指すステップアップを選ぶ人も多いです。

通信教育などで独学

セラピストになるための通信講座は近年充実してきています。

大学やスクールに通うよりも費用も少なく、数万円から資格の取得が目指せます。
ただし、通信講座では基礎知識のみしか学ぶことができないというデメリットも。

通信講座では特に、お客さんに実際に施術をする経験を積むことが難しいです。

スクールと併用して、知識の習得を目指す方が良いでしょう。

セラピストは未経験でもなれる?

国家資格が必要ではないセラピストは、無資格でも「セラピストです」と名乗ることは違法ではありません。

未経験の人をサロンで募集していることもあり、研修を受けながら経験を積むことが可能です。

ただし、研修費用が給料から差し引かれたり、数時間の研修ですぐに現場に出されてしまったりするケースもあります。

サロンで働きながらセラピストを目指すのでしたら、職場選びは慎重に。

セラピストになるための学校と費用(大学・専門学校・スクール)

セラピストとは人を癒すやりがいのある仕事

セラピストには国家資格が必要なものから、無資格でも名乗ることができるものまで様々であることを説明してきました。

セラピストの種類は多種多様ですが、共通しているのは「お客さんの話を聞き、専門知識で心身の不調を和らげて健康に導いていく仕事」であることです。

ホスピタリティのある人、人の痛みがわかり共感できる人に向いています。

ストレス社会と言われるようになって久しい現代において、セラピストの活躍の場は今後も広がっていくでしょう。