システムエンジニアの資格

システムエンジニアとして働くうえで、資格は絶対に必要なものではありません。

しかしながら、ITエンジニアはスキルが何よりも重要な仕事といっても過言ではなく、資格を取得することによって自分のスキルを外に示すことができます。

もちろん、資格取得のための勉強をすれば、それだけ新たな知識や技術を自分のものにすることもできます。

IT関連の資格はたくさんありますが、ここではシステムエンジニアに関連する資格のうち、代表的なものをいくつか紹介しましょう。

システムエンジニアの最高位の資格

システムエンジニアが取得する資格は、技術的なものからシステム監査などの経営分野に及ぶものまで、さまざまなものがあります。

その経営分野に及ぶ資格として「システム監査技術者」という資格があります。

こちらは、情報処理技術者試験の最高位に位置づけられている資格で、システムエンジニアの到達点といえる資格です。

対象者は「システム設計からプログラミング、テストまでのソフトウェア開発の一連の工程に関わる人」とされており、試験の内容もデータベースやネットワークといった技術的なものよりも、業務分析などに関する出題となっています。

システムエンジニアの基礎となる資格

一方、システムエンジニアとして最初に取得する人が多いのが「基本情報技術者」です。

こちらは、高度なIT人材となるために必要な基本的知識や技能をもち、実践的な活用能力を有していることを認定する資格となっており、多くの若手エンジニアが取得をめざしています。

就職してからも、まずは基本情報技術者の取得を命じられる職場は多いようです。

なお、この上位資格に「応用情報技術者」というものもあります。

プロジェクトマネージャのための資格

プロジェクトの責任者たるプロジェクトマネージャの資格として、「プロジェクトマネージャ」という情報処理の資格があります。

この資格は、開発プロジェクトを円滑に進めることができるかどうかを判断される試験です。

試験範囲は技術的なものだけに限らず、アルゴリズムとプログラミングやコンピュータ構成要素、システム構成要素といった技術的な知識から、サービスマネジメントやシステム監査などのマネジメント的な知識などが問われます。

情報処理関係の試験の中で難易度の高い、高度情報処理技術者試験のひとつであるため、大手のソフトウェアメーカーなどの場合、昇給や採用の条件にされているところもあります。

テクニカル系の資格

システムエンジニアが取得する試験には、「テクニカルエンジニア(ネットワーク)」、「テクニカルエンジニア(データベース)」、「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)」といったテクニカルな情処理試験の資格もあります。

これらは、システム開発においてネットワークやデータベース、情報セキュリティの専門的な知識を有しているかを示す資格で、難易度の高い試験となっています。

情報処理安全確保支援士の資格

システムエンジニアに関連する資格の中には、2017年の春から新たに登録がスタートしたばかりの国家資格もあります。

「情報処理安全確保支援士」という資格で、サイバーセキュリティ対策を担う実践的な能力を有する人材を育成する目的で新たに創設されたものです。

近年では、インフラ事業者や国を代表する技術を持つ企業を脅かすサイバー攻撃を国家としていかにして防ぐかということが大きな課題とされています。

2020年には東京オリンピックを控えていることから、インターネット上のシステム関係の強化は重要な課題なのです。

この対策の一環として、サイバーセキュリティに関するスペシャリストである「情報処理安全確保支援士」、通称「登録セキスぺ」の育成に力を入れるという取り組みが始まっています。

IPA(情報処理推進機構)のHPに登録の条件や方法が記載されているので、興味のある方はチェックしてみるとよいでしょう。

その他の資格

上記に挙げた以外にも、さまざまな資格があります。

・ソフトウェア開発技術者 
・情報処理技術者
・ネットワークスペシャリスト 
・ITサービスマネージャ 
・システムアーキテクト など。

システムエンジニアとして働き続けるためには、とにかく日々新しい技術を身につけ、スキルアップすることが求められます。

こうしたことから、業務以外の時間を使って資格取得に向けた勉強に取り組んでいく、という流れは自然なものとなっています。

仕事体験談