女性のシステムエンジニア

女性のシステムエンジニアは少ない

システムエンジニアは、男性・女性どちらでも就ける仕事ですが、実際の現場においては、ほとんどが男性となっています。

IT業界は全般的にまだ男性のほうが多いといわれており、とくにエンジニア系の職種になると、かなり男性の割合が高くなっています。

女性が少ない理由はさまざまありますが、そのひとつは、そもそもITに興味を持つのは男性のほうが多いということが挙げられるでしょう。

もちろん、最先端の技術やデバイスといったものに関して女性でも強く興味を抱く人はいますが、総じて見れば男性が好みやすい世界であることは確かです。

しかし、時代が進むにつれて女性の割合も少しずつ高くなっているといわれます。

職場によってシステムエンジニアの男女比は異なりますが、2〜3割は女性という職場も珍しくはなくなっています。

仕事は長く続けられる?

システムエンジニアとして働く女性のなかには、仕事にものすごく大きなやりがいを感じており、ひたすらキャリアを磨いていきたいと考える人もいます。

一方、あるタイミングで結婚や出産を考えるようになり、仕事と家庭を両立させたいと考える人もいます。

女性にとってシステムエンジニアが働きやすい仕事か、という問いに関しては、すぐに「はい」といえるものではありません。

というのも、システムエンジニアが活躍できる開発会社等は多種多様であり、職場によって労働環境が大きく異なるからです。

なかには徹夜や休日出勤も当たり前という職場もありますし、「○○時以降は強制退社」というように厳しく残業を管理しているような企業もあります。

また、最近では育児をしながら時短勤務ができるなど、「女性の働きやすさ」を重視した制度や取り組みを行っている企業も増えつつあります。

もしも私生活と仕事をしっかり両立させたいのであれば職場選びが重要だといえますが、全般的に見ると客先常駐型のシステムエンジニアとして働くよりは、自社開発を行っている企業に勤務するほうが、社内でさまざまな調整がしやすいため仕事が続けやすいといえそうです。

フリーランスで働くという方法

仕事と家庭を両立させたいと考えている女性のシステムエンジニアの場合、企業の正社員や派遣社員という形で働くのではなく、フリーランスのシステムエンジニアとして働くという方法もあります。

若いうちに企業に勤めて、ある程度の経験とスキル、人脈などを作っておき、退職してからフリーランスになるのです。

フリーのよいところは、さまざまな案件を担当することができるので、自分のやってみたいことやライフスタイルに合わせた仕事を選択することができるというところです。

たとえば「短いスパンで納品できる案件だけ引き受けたい」「子どもが夏休みだから今月は仕事を入れないようにしたい」というような柔軟な働き方も可能です。

もちろん、そのぶん仕事の分量や収入が不安定になってしまうというデメリットはあります。

企業に勤めることとフリーで働くことにはそれぞれにメリットとデメリットがあるので、長く働き続けたいという女性のシステムエンジニアは条件をよく比較して選ぶとよいでしょう。

仕事体験談