公務員のソーシャルワーカー

公務員のソーシャルワーカーとは

ソーシャルワーカーは、医療機関や教育機関など多岐に渡る場所で活躍していますが、そのなかで公務員として働く人も大勢います。

公務員のソーシャルワーカーの多くは、

・各自治体の福祉事務所
・役所の生活保護課や社会福祉課・高齢福祉課・障害福祉課
・地域などの包括支援センター
・公立病院(相談員)

などに勤務しています。

公務員のソーシャルワーカーも民間で働く場合と同様に、日常生活を送るうえでさまざまな問題を抱える人に対する「相談業務」が基本となります。

そのうえで、必要に応じて情報を提供したり、関係機関と連携を図ったりしながら、相談者への援助を行っていきます。

公務員のソーシャルワーカーになるには

公務員のソーシャルワーカーとして働きたい場合、まず福祉系の国家資格である「社会福祉士」または「精神保健福祉士」、あるいは任用資格である「社会福祉主事」の資格取得を目指すことからはじめましょう。

社会福祉士の仕事
精神保健福祉士の仕事

そのうえで、各都道府県や市役所などの公務員試験を受けて、採用される必要があります。

基本的に、上記に挙げた資格を持っている人の採用試験は「事務職」の区分で行われる場合が多く、専門職の扱いにはならないケースが多いようです。

また、募集人員には限りがあるため、必ずしも毎年行われるとは限りません。

福祉を専門的に学んでいる場合、優先的に関連部署へ配属されることは多いようですが、職場の事情よっては希望と異なる領域の部門へ配属・異動となる可能性もあることは、頭に置いておいたほうがよいでしょう。

公務員のソーシャルワーカーの特徴

役所や地域の施設で働くソーシャルワーカーは、高齢者をはじめ、障害者や子ども、そのほか日常生活を送るうえで困難を抱えるさまざまな年代の人と接することになります。

そのため、民間で働く以上に幅広い専門知識が問われる場面も多いようです。

なお、公務員のソーシャルワーカーとして働く場合は、他の公務員と同様に安定した給料や待遇が保証されます。

仕事体験談