ソーシャルワーカーの一日

ソーシャルワーカーは、さまざまな施設で勤務しており、勤め先によって1日の過ごし方も異なります。

ここでは、代表的な職場のひとつである地域包括支援センターで働くソーシャルワーカーと、病院で働く医療ソーシャルワーカーのある1日について紹介します。

地域包括支援センターで働くソーシャルワーカーのある1日

08:15 出勤

朝礼で1日のスケジュールを共有します。

09:00 電話対応

デイサービスなどの支援サービス、介護用品の問い合わせ、経済的な悩み事など、センターには日々さまざまな質問や相談の電話が入ってきます。

一つひとつ丁寧に答えながら、必要に応じて関係機関と調整を図っていきます。

11:00 相談者宅を訪問

相談を希望する当事者の家を訪問し、本人および家族と面談。

身体状況の確認をし、希望する福祉サービスの内容について説明します。

12:30 昼休み

午前中に外出があるときは、そのまま外で食べてから戻ることもあります。

13:30 会議出席

ケアマネジャーや保健師など、他の専門職員と会議を行います。

15:00 来所した相談者の対応

事前に約束をしていた相談者がセンターに来所したため、面談を行います。

16:30 書類作成

福祉事務所に提出する公的書類の作成など、デスクワークをします。

18:00 退勤

相談内容によっては、もう少し遅い時間まで仕事をすることもあります。

医療ソーシャルワーカーのある1日

08:00 出勤

白衣に着替えて準備を整えます。

08:30 カンファレンス

看護師など他のスタッフと一緒にミーティングを行います。

09:00 相談室にて面談

入院中の患者さんやその家族と面談をします。入院費用の相談、介護保険制度の説明、退院後に必要なサポートなど、相談者によって相談内容はさまざまです。

12:30 昼休み

病院の食堂で昼食をとって一休みです。

13:30 病棟訪問

病棟で、入院患者さんと面談を行います。不安を抱えている方も多いため、相手と真剣に向き合います。

17:00 資料作成等

1日の相談記録などをまとめ、翌日の準備をします。

18:30 退勤

ときには時間外に面談が入り、多少の残業をする日もあります。

仕事体験談