診療放射線技師のつらいこと、大変なこと、苦労

「チーム医療」としてハイレベルの能力が必要

診療放射線技師は、放射線や磁気装置といった高度な医療機器を扱い、患者さんの検査や治療を行います。

学校で専門的に学べばすぐに現場で活躍できると思うかもしれませんが、たとえばレントゲン撮影にしても、医師がイメージしているような画像をきちんと撮影できるようになるまでには、かなりの時間と努力が必要といわれています。

とくに、診療放射線技師が抱えている責任はとても大きなものとなります。

自分の一枚の画像によって、医師の診断や治療が変わってくることもありますし、とりわけ救急病院であれば、限られた時間で次々とやってくる患者さんをスムーズかつ正確に撮影しなければなりません。

そうした状況でもきちんと結果を出すためには、日々向上心を持って自分の腕を磨き続けることが大切です。

近年、「チーム医療」の重要性が叫ばれるなか、患者さんの状態を画像を通して真っ先に感じ取ることができるのが診療放射線技師という立場です。

かつてのように「ただ放射線で画像を撮影すればいい」といった時代から「診療放射線技師も診断ができるぐらいのレベルが必要」という時代に変わりました。

医師以外の人間も積極的に医療に関わっているという意識を高めることで、さらに病巣への効果的なアプローチが可能になります。

多様に変化するスキルを求め続ける

医療現場における業務のなかでも、とくに放射線治療の分野は次々と新たな知識や技術が生まれるため、毎日勉強し続けるぐらいの覚悟が必要です。

「医師の指示の下で働く」とはいっても、検査と違って治療目的で放射線を扱うこともあるため、責任はより重くなります。

また、最初の検査で的確に診断を下せるような画像を提供することが、医師の医療ミスをなくすことにもつながります。

自分の仕事が患者さんの命や健康に大きく影響を与えるという緊張感は、いつになってもなくならないでしょう。

急な呼び出しに対応することも

診療放射線技師は、基本的に日中の時間帯で働くことが多いですが、大きな総合病院など勤務先によっては「夜勤」や「当直」が入ることがあります。

また、人手が足りないなどの理由から、急に深夜に呼び出されて出勤するという可能性もゼロではありません。

こうしたタイミングでの撮影は、やはり緊急性の高い患者さんを対象とするケースが多いため、より緊張感も増してきます。

勤務体系は勤務先によって異なるため一概にいえませんが、もし当直が入る場合には、体力的により厳しいと感じることになるかもしれません。

しかし、その分だけ「手当」が支給されるため、収入面については満足している人も多いようです。